2006Jリーグ・浦和レッズ初優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年12月2日】

浦和レッズのホームスタジアム・埼玉スタジアム(GFDL資料)

埼玉新聞によると、2006年度サッカーJリーグは12月2日にJ1、J2とも最終戦が行われ、J1では浦和レッズが地元・埼玉スタジアムでのガンバ大阪との試合を行い3-2で勝利し、年間リーグ優勝を決めた。

この試合はいったんガンバに先制点を許したが、前半27分にポンテ、44分にワシントンの両外人選手のゴールで逆転。後半も三都主から田中闘莉王と渡ったボールをワシントンがヘディングでこの日2点目の得点を挙げてリードを広げる。終盤ガンバに1点差に追い上げられるもそのまま逃げ切って勝利した。

レッズは2004年(当時2シーズン制)の第2ステージで優勝したことがあるものの、年間優勝は初めて。

東京新聞によるとこの優勝決定戦は地元で行われたこともあってJリーグ新記録となる62,241人の観衆を集めて行われ、同シーズンのレッズホームゲームの全体の入場者も77万人を越えたという。

また、スポーツ報知、日刊スポーツによるとJ1・J2の入れ替えをめぐる攻防も決着し、J1ではセレッソ大阪が1-3で川崎フロンターレに敗れ、またアビスパ福岡が1-1でヴァンフォーレ甲府と引き分けて勝ち点27で並んだが、得失点差でアビスパが16位で入れ替え戦出場、セレッソは17位でJ2自動降格となった。

一方のJ2では柏レイソル湘南ベルマーレに3-0で勝利、またヴィッセル神戸は1-2でベガルタ仙台に敗れたため、レイソルが2位でJ1復帰(自動昇格)を決定。ヴィッセルは3位で入れ替え戦進出となった。

ヴィッセルvsアビスパの入れ替え戦は12月6日(神戸ウィング)と12月9日(博多の森球技場)のホームアンドアウェー2試合の成績で争う。なお既にウィキニュースで報じているように、京都パープルサンガのJ2降格と横浜FCのJ1昇格は決定している。

出典[編集]