2006年・トリノオリンピックが閉幕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
開・閉会式、総合結果など
競技結果
解説・資料

【2006年2月27日】

各報道によると、2月10日から17日間の会期で行われていた第20回冬季オリンピックトリノ大会は、現地26日夜(UTC+1、日本時間27日早朝)、閉会式が行われ幕を閉じた。共同通信によれば、今大会はテロなどの混乱もなく平穏に閉幕できたとのことである。

産経新聞によれば、今大会の金メダルの最高獲得国はドイツの11個。

なお、次回の冬季五輪は、2010年にカナダのバンクーバーで開催の予定。

日本選手の成績など[編集]

産経新聞や時事通信、共同通信によれば、日本選手はフィギュアスケート女子の荒川静香選手が金メダルを獲得したのみ(「トリノ五輪フィギュア女子シングル、荒川金メダル」)で、当初の目標としていたメダル5個には届かなかった。8位までの入賞は21で、前回のソルトレークシティ大会を6つ下回る結果となった。 25日のアルペンスキー男子回転で、皆川賢太郎選手の4位、湯浅直樹選手の7位入賞という、1956年のコルティナダンペッツォ大会での猪谷千春選手の2位以来、50年ぶりの快挙もあったものの、全体的に低調に終わり、時事通信によれば、今大会の日本選手団の遅塚研一団長(日本オリンピック委員会常務理事)が、「最低の結果」と言及している。

出典[編集]