黒海初金星、朝青龍2敗目

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月20日】

愛知県体育館(参考)(GFDL)

愛知県体育館で開かれている大相撲名古屋場所で、20日、横綱朝青龍が東前頭6枚目の黒海に「引き落とし」で敗れた。朝青龍は、8日目に琴欧州にも敗れており、これで2敗目。

11日目のこの取り組みで、黒海は、立ち合いから一気に前に出て朝青龍を土俵際に追い詰めた。しかし、朝青龍は残して押し返した。そして、黒海は引いてしまった。朝青龍は引きに乗じて、黒海を反対側まで押し、そのまま押し出した。これで朝青龍の勝利に見えた。行司軍配も朝青龍にあがった。だが、朝青龍も体が前に落ちてたため、物言いがついた。協議の結果朝青龍の体が落ちるほうが早く、黒海の勝ちとなった。

うれしい初金星をあげた黒海は、NHKのインタビューに「うれしいです」「よかったです」と、笑顔で答えた。

これでまた、2敗で朝青龍と小結琴欧州、平幕若の里が並び、3敗の黒海と大関魁皇栃東、平幕高見盛が追う展開となった。翌12日目は朝青龍が旭天鵬と、若の里は関脇琴光喜と、琴欧州は黒海と対戦する。また、3敗の大関魁皇と栃東は直接対決する。

出典[編集]

関連記事[編集]