風見しんごさんの長女死亡交通事故、高裁も実刑判決を下す

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2007年9月30日】

東京新聞、日刊スポーツによると、東京都世田谷区の交差点で2007年1月17日に発生した タレント風見しんご氏(44歳)の長女(享年10歳)をトラックではねて死亡させた交通事故で、業務上過失致死罪に問われていた元会社員の23歳の被告に対し、東京高等裁判所は9月28日、2007年6月6日に東京地方裁判所が下した禁固2年(求刑禁固3年)の一審判決を支持し、被告が起こした控訴を棄却した。

判決によると、被告は2007年1月17日の朝、交差点で右折を行う際、安全確認を怠い時速15~20キロで走行して、青信号で横断歩道を渡っていた風見氏の長女をはねて死亡させた。

被告の弁護側は「実刑は重い」と訴え、執行猶予を付けるように求めたのに対し、裁判長は「運転手として基本的な注意義務に違反し、非常に重大な過失を犯している。執行猶予を付ける事を認める事はできない。」と述べ、控訴棄却を決定した。

関連記事

出典