風見しんごさんの長女死亡交通事故、被告に実刑判決

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search

【2007年6月9日】 読売新聞、サンケイスポーツ、デイリースポーツによると、東京都世田谷区の交差点で2007年1月17日に発生したタレント風見しんご氏(44歳)の長女(享年10歳)をトラックではねて死亡させた事故で、業務上過失致死罪に問われていた元会社員の23歳の被告に対し、東京地方裁判所は6月6日、禁固2年(求刑禁固3年)の実刑判決を言い渡した。

判決理由について裁判官は、「歩行者として安全な箇所であるべき横断歩道で発生した事故で、わずかな注意を行えば避ける事はできた。10歳で短い人生を終えてしまった女の子の無念さと遺族の悲嘆は想像に難くない。女の子がこれから何年の人生があったと思うか。反省しているのは理解できるが、社会人としての責任を取る必要がある。」と語った。

時事通信社によると、被告の弁護側は同日、実刑判決を不服として控訴を行った。

風見氏は同日、実刑判決について、自らのブログ「タレント風見しんごblog「しんごトーク」」の中で、「・・・」と書いた後、「控訴という事でコメントはない。最後まで「心」を信じる。」と綴り、自らの心境を露にした。

関連記事

出典