野田内閣正式発足 藤村官房長官、安住財務相など新任

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年9月2日】

時事通信[1]によると、9月2日午後、皇居野田佳彦首相任命式と閣僚認証式が行われ、野田内閣が正式に発足した。野田首相は第95代、62人目の首相に当たる。同首相は、同日夕、首相官邸で記者会見し、東日本大震災の復興と福島第一原子力発電所事故収束に最優先で取り組む決意を表明し、また、衆議院解散については、少なくとも年内の実施を否定した。さらに、「(党内融和に配慮し)自分なりに心を砕いて組閣した」と説明した。

その「組閣」について、時事通信の別の記事[2]によると、閣僚は次のとおりである。

総理 野田佳彦(のだ よしひこ)(54)
総務 川端達夫(かわばた たつお)(66)
法務 平岡秀夫(ひらおか ひでお)(57)
外務 玄葉光一郎(げんば こういちろう)(47)
財務 安住淳(あずみ じゅん)(49)
文部科学 中川正春(なかがわ まさはる)(61)
厚生労働 小宮山洋子(こみやま ようこ)(64)
農林水産(再)鹿野道彦(かの みちひこ)(69)
経済産業 鉢呂吉雄(はちろ よしお)(63)
国土交通 前田武志(まえだ たけし)(73)
環境原発事故(再)細野豪志(ほその ごうし)(40)
防衛 一川保夫(いちかわ やすお)(69)
官房長官 藤村修(ふじむら おさむ)(61)
国家公安消費者 山岡賢次(やまおか けんじ)(68)
金融・郵政改革(再)自見庄三郎(じみ しょうざぶろう)(65)
国家戦略経済財政 古川元久(ふるかわ もとひさ)(45)
行政刷新・少子化 蓮舫(れん ほう)(43)
復興担当相(再) 平野達男(ひらの たつお)(57)

情報源[編集]

  1. 時事通信 『野田内閣が発足=震災復興、原発対応に全力-首相、年内解散を否定』時事通信社、2011年9月2日。
  2. 時事通信 『野田佳彦内閣発足』時事通信社、2011年9月2日。なお、鉢呂経済産業大臣については64歳とされているが、時事ドットコムの大臣紹介ページなどから63歳の誤記と判断。平野「復興担当相」については、やはり時事ドットコムの大臣紹介ページに「2011年9月東日本大震災復興対策・防災担当大臣(野田佳彦内閣)」とあることなどを踏まえて「復興担当相」にw:内閣府特命担当大臣(防災担当)へのリンクを付加。蓮舫大臣の本名は「村田蓮舫」であるが(w:蓮舫参照)、本記事ではこの情報元の表記法に準じている。