訃報 小林繁氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年1月17日】

時事通信によると、プロ野球巨人軍阪神の投手として活躍し、今年から北海道日本ハム1軍投手コーチに就任したばかりの小林繁(こばやし・しげる)氏が1月17日(UTC+9)、滞在していた福井市で急逝した。57歳。

小林氏はこの日滞在していた福井市内で午前中に自宅で倒れ、病院に搬送されたが、心不全で死亡したという。

日刊スポーツによると、小林氏は鳥取県出身。由来育英高校神戸大丸百貨店を経て1971年のドラフトで巨人軍の第6位指名を受けて入団。1976年と1977年のリーグ優勝に貢献したが、1979年の江川事件で阪神に移籍。この年、古巣・巨人軍から8連勝を挙げるなどの活躍で22勝をあげ、最多勝投手となった。通算投手成績は374試合・139勝95敗17セーブ、防御率3.18。1983年に現役引退後はスポーツキャスター、近鉄投手コーチなどを経て、2009年から北海道日本ハムの2軍投手コーチ就任。今年から1軍に昇格したばかりだった。

江川氏・梨田監督も呆然[編集]

サンケイスポーツによると、江川事件の当事者で、小林氏と交換トレードされる形で巨人軍に入団した江川卓氏(54歳)は、小林氏の急逝に際し緊急会見を行い、「突然だったのでびっくりしました。2007年にCMでお会いした時には元気そうでしたので」と呆然とした様子だった。江川氏は最初、この日火災で焼死した元巨人軍投手・桑田真澄氏の実父の訃報と思っていたという。その上で「小林氏が亡くなってからも(江川事件のことを)申し訳ないという気持ちは一生持ち続けると思う」と話していた。

また、北海道新聞によると、北海道日本ハムの梨田昌孝(なしだ・まさたか)監督も「昨年は小林氏は2軍で何人もの投手の才能を飛躍的に伸ばした。日本一奪回のために1軍で力を借りようと思っていたのに残念だ」と無念の表情を見せていた。小林氏は死去前日の16日、東京で行われた日本ハムの商品展示会で梨田監督や選手らと顔を合わせていたばかりだったという。

情報源[編集]