自民党甘利幹事長の後任に茂木外相

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
国会議事堂
最近の記事

【2021年11月6日】

第49回衆議院議員総選挙で、神奈川13区で立候補していた甘利明幹事長が小選挙区で落選(比例復活)し[1]岸田文雄総理大臣に辞任を申し入れた[2]。これを受けて自民党は、11月4日午前11時から臨時総務会を開き、後任に茂木敏充外相を採用することを決めた[2]。茂木氏は、閣僚や、党要職を歴任し[2]外務大臣を2019年9月(内閣)から務めている[3][4]

10日に予定されている第2次岸田内閣の発足までは、岸田首相が外務大臣を兼務する[2]。なお、第2次岸田内閣での外務大臣には、林芳正元文部科学大臣が内定した[5]

情報源[編集]

  1. 『自民・甘利幹事長、小選挙区の敗北確実に 比例で復活へ』, 日本経済新聞、2021年11月1日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 『自民 甘利幹事長の後任に茂木外相を正式決定』, 日本放送協会、2021年11月4日。
  3. 『菅内閣 閣僚等名簿』, 首相官邸、。
  4. 『岸田内閣 閣僚等名簿』, 首相官邸、。
  5. 『林芳正元防衛大臣が外務大臣に内定』, 日本テレビ、2021年11月4日。

関連ニュース[編集]

Wikipedia
ウィキペディア甘利明に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア茂木敏充に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア林芳正に関する記事があります。