コンテンツにスキップ

平成生まれの国会議員が誕生

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2021年11月5日】

先日行われた第49回衆議院議員総選挙において、福島2区から立憲民主党馬場雄基氏(29)が立候補し、8万5508票を得て比例代表東北ブロックで復活当選を果たした[1]。また、東京13区からは自由民主党土田慎氏(31)が当選[2]。初の平成生まれの国会議員になった[1]

馬場氏は、1日未明に当選が発表された[3]。同日午前8時過ぎにJR郡山駅前に立ち、「いただいた8万5501票に込められた思いを、一つ一つ必ず形にする」と演説した[3]


情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 初の”平成生まれ”の国会議員・福島2区 立憲・馬場雄基氏《2021衆院選・福島県》』 — 福島テレビ, 2021年11月1日
  2. 生理用品の軽減税率適用を目指し、さらなる女性議員の登用を…立ちはだかる選挙制度の壁』 — TOKYO MX, 2021年11月3日
  3. 3.0 3.1 立憲新人の馬場雄基氏、平成生まれの国会議員に「思いを形にする」』 — 毎日新聞, 2021年11月1日

関連ニュース[編集]