聞き込み不十分‐秋田・藤里事件

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月11日】

秋田朝日放送[1]などによると秋田県藤里町で起きた連続児童殺傷事件において、殺された児童の父親が「秋田県警の捜査ミス」であるとして苦情を申し立てた件に関し、秋田県公安委員会は「容疑者の娘が殺害された事件のあとの聞き込みが不十分だった」と9日付で回答した[2]。10日の午前に父親の許に回答が届いた[1]

回答書では「解明が大変難しい事件だった」と述べており[2]、責任の所在も明らかにされていない[3]ことから、男児の父親は、「申し入れから2ヶ月たっているのに内容がない」と批判[4]。秋田県議会の教育公安委員会に対し、責任追及の文書を送る予定。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 Super Jチャンネルあきた 『豪憲くん父に県公安委員会「聞き込み捜査は不十分」』秋田朝日放送、2006年11月10日。
  2. 2.0 2.1 『「解明は難しかった」連続児童殺害で秋田県公安委員会』朝日新聞、2006年11月11日。
  3. 『秋田児童殺害 県公安委が捜査不十分認める』日本テレビ、2006年11月11日。
  4. 『豪憲君事件で公安委回答「内容ない」と父が批判』読売新聞、2006年11月10日。