秋田の小学生殺害事件、近所の女性を死体遺棄で逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
遺体発見現場の空中写真(×印)国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省による

【2006年6月4日】

Wikipedia
ウィキペディア秋田児童連続殺害事件に関する記事があります。

日本経済新聞と読売新聞の報道によると、秋田県藤里町で5月に起きた小学生米山豪憲(よねやま・ごうけん)君(当時7才)殺害・死体遺棄事件で、秋田県警察能代警察署は6月4日午後11時、豪憲君の自宅近くに住む33歳の女性を死体遺棄の容疑で逮捕した。

逮捕されたのは無職の畠山鈴香容疑者。畠山容疑者は、死体遺棄容疑については大筋で認めているが、殺人については容疑を否認している。朝日新聞、共同通信によると、能代署は4日朝に任意で出頭に応じた畠山容疑者から事情聴取を行い、自宅と能代市二ツ井町の実家の家宅捜査をした。

読売によると、この事件は5月17日午後、藤里町立藤里小学校1年生の豪憲君が下校途中に殺害され、その遺体が能代市内の市道脇に捨てられたとされるものである。なお、この事件に先だって4月に畠山容疑者の長女・彩香さん(当時9才)が水死体で発見されている。

秋田さきがけによると、殺された豪憲君と畠山彩香ちゃんは友人関係で、畠山容疑者と豪憲君は顔見知りだった。共同通信、時事通信によると、豪憲君のランドセルなどに毛髪が付着しており、DNA鑑定の結果容疑者のDNAと一致したこと、また聞き込みにより先月17日午後3時頃、発見現場に白い軽自動車の目撃情報や複数のタイヤ痕があったことなどから、調査した結果、容疑者の逮捕となった。  6月5日午後に身柄を秋田地方検察庁に送られ、さらに殺人容疑で取り調べた。
読売新聞によると、6日「首を絞めて殺した」と自供したが、その後「帰宅したら家に死体があった」などと供述が揺れている。ほかにも、共同通信によると、畠山容疑者の部屋、車から豪憲君と見られている血痕と尿反応が検出されたという。

事件直後から、藤里小学校では保護者の車での登下校を学校側が依頼。今でも続いている。

更には彩香ちゃんの行方不明のチラシは畠山容疑者が豪憲君の父・勝弘さんに依頼したものと見られる。

関連記事[編集]

出典[編集]