第37回帝王賞はワンダーアキュートが制覇、武豊騎手は101回目のG1勝利

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年6月28日】

ワンダーアキュート(2010年のみやこステークスにて)(CC-by-sa-3.0)
武豊(2012年12月)(CC-by-sa-3.0)

6月25日に大井競馬場で「第37回帝王賞」が行われ、3番人気のワンダーアキュート(牡8歳、武豊騎手、佐藤正雄厩舎)が制覇した[1]

レースはニホンピロアワーズコパノリッキーに続く形でワンダーアキュートが先行する態勢で進行した[2]。最後の直線では3頭が横一直線で一斉に追い比べて競り合い[2]、ワンダーアキュートが残り200メートルで伸びきり勝利した[2]。1番人気のコパノリッキーが2着へ連対[1]、2番人気のニホンピロアワーズは4着に終った[1]

ワンダーアキュートの前回勝利は2013年に出走した「日本テレビ盃(JpnII)」以来となり[1][2]、JpnIにおける勝利では2012年の「JBCクラシック川崎競馬場)」を含め2勝目となる[1][2]。ワンダーアキュートの近走は2013年の「JBCクラシック」を始め「ジャパンカップダート」、「東京大賞典」といずれも2着と惜敗を繰り返してきており[3]、今回ワンダーアキュートに騎乗した武豊騎手は「本当に何度も悔しい思いをしてきたので、格別にうれしい」と久々の勝利を飾れたことを喜んだ[1]。ワンダーアキュートを管理している佐藤正雄調教師は「雨を含んだ馬場も良かった」と勝因を分析した[1]。次走は11月3日に盛岡競馬場で行われる「JBCクラシック」への出走を計画している[1]

今回帝王賞を勝利した武豊騎手は、今回で4度目の帝王賞制覇となり[1]、同一騎手では最多の制覇記録となる[1]。G1レース制覇は、2013年の「マイルチャンピオンシップ」をトーセンラーで制覇して以来101回目の勝利となった[1][2]

情報源[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 石野静香 『【帝王賞】ワンダーアキュート初V! 大井競馬場で初勝利』スポーツ報知、2014年6月26日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 斎藤修 『【レースハイライト】第37回 帝王賞JpnI』web Furlong 2014(NAR)、。
  3. 斎藤修 『【クローズアップ】第37回帝王賞(JpnI) 参考レース&注目馬解説』web Furlong 2014(NAR)、2014年6月23日。

外部リンク[編集]