福田首相、辞意を表明 - 在任1年、改造後1ヶ月で

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
福田首相 (参考資料:2008年1月26日撮影、CC-by-sa-2.0)

【2008年9月2日】

日本の福田首相は1日(UTC+9)、官邸で緊急記者会見を行い、自らの辞任を表明した[1]。今年8月2日に内閣改造を行った[2]ばかりで、2007年9月26日に就任[3]してわずか1年足らずだった。官邸のウェブサイトで分かった。

今回の辞任表明を受け、民主党社民党日本共産党などは「政権投げ出し」と批判[4][5][6]。また、日本経団連御手洗会長のコメントとして「突然の辞意表明に驚いている。」などと同ウェブサイトに掲載した[7]

官邸による会見内容によると、福田首相は会見の冒頭に総理就任の9月26日から一年を自ら総括。与党が過半数割れをした参議院選挙後という状況に触れ、「積年の問題が顕在化、その処理に忙殺された」と述べつつ、「国民目線での改革に着手」したとして「道路特定財源の一般財源化、消費者庁設置法の取りまとめ、国民会議を通じて、社会保障制度を抜本見直し」を挙げ、自らの実績を示した。また、今回の辞任タイミングについて、国会の会期前としたことで「国民にも大きな迷惑がかからない」としており、経済対策や給油法、また消費者庁など様々な問題も含めて「今、辞任をして新しい人に託した方がよりよい」と判断を行ったという。[1]

産経新聞と毎日新聞によれば、首相はこの日の午前に総合防災訓練の記者会見を行い、午後には大阪へ移動し、近畿府県合同災害訓練を視察。官邸には夕方戻り、麻生幹事長と面会し、町村官房長官も席に加わったという。その後の21時30分に内閣記者会との記者会見を行った。[8][9]

辞任に対する各党の反応[編集]

民主党の鳩山幹事長は同党ウェブサイトにてコメントを出した。それによると、「昨年と同じような政権投げ出し」と驚き、「あまりにも国民への責任や国会というものを軽んじている」と今回の辞任を批判している。[4]

社民党の福島党首は同党ウェブサイトにてコメントを出した。それによると、この辞任は安倍首相による辞任とともに「自民党と公明党の連立政権が行き詰っている」ことを示すとし、衆議院の解散を求めている。[5]

日本共産党の志位委員長は「きわめて無責任な政権投げ出し」とし、「二人続けて、臨時国会の直前に政権を投げ出す」との状況は「自公政治の行き詰まり」であるとして批判した。同党ウェブサイトが掲載した。[6]

公明党太田代表は首相辞任表明に対して党本部で記者会見を行い、「総理として熟慮を重ねた結果のご判断」と理解を示し、首相が語った政治空白を作らず、課題に対処していく考えを示した。同党ウェブサイトが掲載した。[10]

関連ニュース[編集]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 『福田内閣総理大臣記者会見』総理大臣官邸、2008年9月1日(UTC+9)。
  2. 『内閣総理大臣談話』総理大臣官邸、2008年8月2日(UTC+9)。 - 改造後の談話
  3. 『内閣総理大臣談話』総理大臣官邸、2007年9月26日(UTC+9)。 - 就任後の談話
  4. 4.0 4.1 『福田総理の辞任会見を受けて(コメント)』民主党、2008年9月1日(UTC+9)。
  5. 5.0 5.1 『福田首相の辞任表明について(コメント)』社民党、2008年9月1日(UTC+9)。
  6. 6.0 6.1 日本共産党ウェブサイト 『福田首相が辞任表明/国政の基本問題を徹底的に議論した上で審判を仰げ/志位委員長が会見』赤旗、2008年9月2日(UTC+9)。
  7. 『福田総理の辞意表明に関する御手洗会長コメント』日本経済団体連合会、2008年9月1日(UTC+9)。
  8. MSN産経ニュース 『【福田日誌】1日』産経新聞、2008年9月2日03時11分(UTC+9)。
  9. 毎日jp 『首相日々:1日』毎日新聞、2008年2008年9月2日(UTC+9):東京朝刊。
  10. 公明党ウェブサイト 『福田首相が辞任表明:ニュース|公明党』公明新聞、2008年9月2日(UTC+9)。