福岡のモスバーガーでまたもCO中毒 飯塚市の店舗で3人搬送

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年7月26日】

西日本新聞によると、7月25日午後1時45分ごろ(UTC+9 以下同)福岡県飯塚市にあるモスバーガー飯塚幸袋(こうぶくろ)店で一酸化炭素(CO)中毒で3人が病院に運ばれる騒ぎがあった。搬送された3人の血中からCOが検出されたが軽症だった。病院に運ばれたのはアルバイト社員の23歳の男性と21歳の女性、それに設備メンテナンス業の50歳の男性の3人。

読売新聞と西日本によると、この当時店内にあった換気扇2台が動いていなかった。飯塚幸袋店では7月18日に換気扇が故障しているのを確認しているが、その修理が進まないままで、扇風機を使って換気をした状態で営業を行っていた。

読売によると、モスバーガーを運営するモスフードサービスは、去る7月21日に福岡市の笹丘店で同じようなCO中毒事故があって9人が症状を訴えたばかりで、これを受けて換気扇を使うように全国の1327店舗に通達していた矢先だった。なお揚げ物を調理するためのフライヤーなどには異常はなかった。

西日本によると、モスフードは「再びこのような(CO中毒の)事故を起こして、深くお詫びします」と謝罪した。また、読売によると問題の飯塚幸袋店も当面営業を自粛する。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]

外部リンク[編集]