短信:2019年/1月/17日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 1月17日の短信 >>翌日

トヨタ自動車製・センチュリー
  • (社会・政治)日本の政府は1月17日、今年5月1日に新天皇にご即位される、現皇太子さまの即位関連行事、並びに2月24日の現天皇陛下在位30周年記念式典の詳細を発表した。それによると、現天皇のご退位に伴う「退位礼正殿(たいいれいせいでん)の儀」は4月30日午後5時から行い、参加者のドレスコード(服装)は、男性はモーニングコートや紋付き袴、女性もロングドレス、白襟紋付きなどとする。そして新天皇御即位後最初に行う「剣璽(けんじ)等承継の儀」は5月1日午前10時半からで、ご同席される後続は平成時代の代替わりに準じて成年男子のみに限定する。その後11時10分から、ご即位後初めて国民の代表とお会いする「即位後朝見(ちょうけん)の儀」を開催する。また10月22日に開催される予定の「祝賀御列の儀」について、パレードで使用するオープンカーは、トヨタ自動車製の最高級車「センチュリー」を改造したものを使用する。使用車について、日本とヨーロッパの6つの企業に打診し、5社から提案があったが、「国内で入手可能。かつ安全性・環境性能が高い」とした安全性を満たしているとしてセンチュリーを選んだという。さらに2月24日に国立劇場で行われる現天皇即位30周年式典においては、ヴォーカリストの三浦大知氏が、現天皇作詞・現皇后陛下作曲の「琉歌」を披露するほか、国民を代表し、福島県内堀雅雄知事と、元外務大臣の川口順子氏が感謝の言葉を述べることも発表された - 読売新聞産経新聞毎日新聞

2019年1月17日の記事