短信:2018年/4月/7日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 4月7日の短信 >>翌日

  • (政治・社会)海事振興連盟は4月6日の会合で、祝日海の日を、現在のハッピーマンデーによる7月第3月曜日の曜日固定を止めて、2021年から毎年7月20日の日付固定に戻すという前提条件のもとで、2020年に限り、東京五輪の開会式前日の同23日に移すことを認めた。衛藤征士郎会長は「東京五輪・パラ五輪の大会を安全な大会にするために対応しなければならない」として、今国会中に関連法案を議員立法で提出する考えを示した。併せて、2020年に限って10月の第2月曜の体育の日を7月24日に、山の日を通常の8月11日から1日前倒しの8月10日に移すことで調整していくことも検討している - 日経新聞

2018年4月7日の記事