短信:2018年/4月/21日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 4月21日の短信 >>翌日

  • (政治)北朝鮮は、現地4月20日に行った朝鮮労働党中央委・第7期第3回総会で、同21日から核実験大陸間弾道ミサイルの開発・発射試験を取りやめるとともに、同国北部にある核実験場も廃棄することを決定した。併せて朝鮮半島の平和と安定に向けた周辺国や国際社会との連携・対話の強化を図ることも打ち出したと、朝鮮中央通信が4月21日発表した。金正恩朝鮮労働党院長は「国家核兵力の建設が完全に達成され貫徹された」として、「今やいかなる核実験や中長距離・大陸間弾道ミサイルも必要なくなった」として、今後は社会主義建設に全総力を挙げるという戦略を打ち出し、南北朝鮮・米朝首脳会談を控え、一連の核・ミサイルの開発から方向転換する姿勢を打ち出した格好である - 時事通信

2018年4月21日の記事