短信:2018年/2月/26日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月26日の短信 >>翌日

  • (経済)楽天は、総務省携帯電話事業者向けに割り当てる電波の周波数取得申請を行ったと発表した。申請内容を審査の上、3月にも割当先を決める。楽天は2014年から、いわゆる格安スマホ「楽天モバイル」として、NTTドコモの回線を借りてサービスを行っていたが、「回線を借りるコストなどを考えると、収益を上げるのは難しい」(三木谷浩史会長)として、自社回線を使った本格的な携帯電話のサービス参入を目指している - 毎日新聞
  • (文化・スポーツ・経済)ソフトバンクは、スポーツの動画配信サービス「スポナビライブ」を5月で終了するとともに、このサービスをNTTドコモなどが展開する同じ趣旨のサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」に統合させると発表した。現在スポナビの会員も、改めてDAZNに加入する場合には申し込みが必要だが、当初1か月は無料で利用できるようにする。スポナビは2016年にサービスを開始したが、ソフトバンク以外の会員が低調だったことや、海外のサッカーの配信権利料の高騰なども響いた - 朝日新聞

2018年2月26日の記事