短信:2018年/11月/23日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 11月23日の短信 >>翌日

  • (文化)イタリアの「ドルチェ&ガッバーナ」というブランドが、中国で展開した動画広告が、「中国を侮辱している」との非難が相次ぎ、同国の上海で去る現地11月21日に開催される予定だった大規模なファッションショーの開催を急遽取りやめた。動画の内容は、「中国伝統の箸でイタリア料理を食べる」と称したもので、女性が箸をピザに突き立てて不器用に食べるというもの。これが「伝統的な箸文化を馬鹿にしている」「こんな箸の使い方はしない」といった批判が相次いだ。さらに現地11月21日には同ブランドのデザイナーの一人・ガッバーナ氏がインスタグラムで中国を罵倒するような内容の画面も発表された。中国人モデルの出演もボイコットになったほか、中国ではこのブランドの不買運動も相次いでいるという - 朝日新聞

2018年11月23日の記事