短信:2018年/11月/21日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 11月21日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)Jリーグは11月20日の理事会で、外国人枠の出場選手の拡大と、「ホーム・グロウン」と呼ばれる、参加各クラブの下部組織に登録していた選手を一定人数以上トップチームへの登録を義務付ける制度の導入を正式に決定した。外国人枠は登録上限がプロA契約の25人以内であれば無制限となるが、試合の出場・ベンチ入り選手は、J1では5人まで、J2J3は4人まで(ただしJリーグと提携しているアジアの8か国・地域については外国人選手とはみなさなず、自国選手扱いとする)となる。またホーム・グロウンは、参加各クラブの下部組織で、12~21歳までの間に、最低3シーズン、ないしは36か月(3か年)以上登録している選手をトップチームに登録させることを義務付けるもので、これを適用していないクラブはA契約の人数上限を減らすなどの罰則がある。当面2019年度からJ1のみに適用。J2・J3は2022年度をめどに導入を目指す。当初は2人以上のホーム・グロウン選手を義務付けるが、段階を追って2021年以後拡大させる - サッカーキングJリーグリリース

2018年11月21日の記事