短信:2018年/10月/31日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月31日の短信 >>翌日

  • (社会)フリマアプリメルカリ」などのアカウントを不正に作り、商品を出品・販売したとして、北海道警は10月30日までに、三重県菰野町(こものちょう)の会社代表の男(49)とアルバイト社員の女(26)の2人を私電磁的記録不正作出とその供用で逮捕した。容疑を認めている。彼らは今年2月、フリマアプリを運営する会社に無断で、利用規約に違反して17件の不正なアカウントを作成し、販売をした疑い。2017年10月に偽のブランド品の販売に使われた可能性があるアカウントを調査した結果その事実が判明した。メルカリではSIMカード1枚につきアカウントは原則1件しか登録することができないことになっているが、男は通信業者から1枚950円程度のSIMカードを大量に購入し、これを女を含む複数のスタッフに対し、カード1枚につき複数種類のアカウントを作るように指示して、うその住所や氏名を登録させたアカウントで、1件につき1000~1500円程度でネット販売したとされる。彼らの会社には約8500枚のSIMカードがあり、それを押収。これらを使った不正アカウントは過去3年で約6万件あったとされ、2017年1月からの約1年3か月で8500万円の売り上げがあったという - 毎日新聞

2018年10月31日の記事