短信:2017年/1月/14日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 1月14日の短信 >>翌日

  • (政治)アメリカ下院は現地1月13日、俗にいう「オバマケアー」と呼ばれる医療保険制度改革法の廃止に向けた決議を賛成多数で可決した。12日に上院も同様の決議を決めており、トランプ政権へ向けた政策転換が進んでいる - 時事通信
  • (社会)昨年末の移転が凍結されている豊洲市場の地下水検査の最終結果で、環境基準の最大79倍にも上る、ベンゼンなどの有害物質が検出されたことが分かった。検査した敷地前201か所から、基準値を超えるベンゼン、シアンヒ素などが70か所で検出されるなど、これまでとの変動が大きいため、東京都は暫定値としており、今回の結果は築地市場の移転再延期期日の判断に影響を与える可能性が高い - 朝日新聞

2017年1月14日の記事