短信:2016年/9月/24日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 9月24日の短信 >>翌日

  • (社会)8月に発生した台風10号の洪水被害により9人が死亡した、岩手県岩泉町の高齢者ホーム「楽ん楽ん(らんらん)」について、運営する医療法人社団・緑川会は、現地での再建を断念・取り壊して、跡地に慰霊碑を立てる意向であることが分かった。佐藤弘明常務理事は、宮城県の地方紙・河北新報のインタビューに「9人を亡くしてしまった施設を、同じ場所で再開することは遺族に対して失礼と思う」として、現地での再建を見送る方針について述べている。なお介護老人施設の「ふれんどりー岩泉」は水害対策として2mのコンクリートフェンスを整備したうえで、同じ場所での運営再開を予定している - 河北新報
  • (スポーツ)大相撲秋場所両国国技館)14日目(9月24日)、大関豪栄道が14連勝を果たし、25日の千秋楽を待たず初優勝を達成した。純日本人力士が優勝したのは今年1月の初場所で琴奨菊が優勝して以来だが、大阪府出身者となると、1930年の山錦が夏場所に優勝して以来86年ぶりとなった - 毎日新聞
    • (上記関連)一方今場所に綱取り(横綱への昇進)を目指していた稀勢の里は横綱・鶴竜に敗れ4敗目を喫し、九州場所への綱取り再挑戦の継続について八角理事長(元横綱・北勝海)は「仕切り直しだよ」として九州場所の継続にはつながらず、振り出しに戻る見解を示した。同理事長は「集中力という点では、精神的に整理できていない気がする。ずっと綱取りといわれ続けてきて、精神的な疲れがあったのではないか。(中途半端に綱取りを継続させるよりも)一度リセットした方がいいのではないか」と述べている - 日刊スポーツ

2016年9月24日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。