短信:2016年/7月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 7月11日の短信 >>翌日

  • (政治)参院選(7月10日)の全国最終投票率が総務省のまとめで発表され、前回・2013年のそれを2.09%上回る54.70%だったことが分かった - NHK
    • (上記関連)今回の参院選の改選議席121の顔ぶれが確定し、自民党56、公明党14、おおさか維新の会7議席で、改憲推進派の3党で77議席を獲得。これに非改選88議席を含め、改憲勢力は参議院での憲法改正の発議に必要な定数242議席の3分の2に当たる162議席を上回る165議席で確定した。衆議院においても2014年の総選挙で3分の2以上の議席を得ているため、与党は衆参両院で改憲発議が可能な状態となった - 毎日新聞 詳細
    • (上記関連)今回の参院選で、高知県では徳島県との合同選挙区で行われたが、高知県からの立候補者がいなかったため、合区に対する有権者の反発により「合区反対」と書かれた無効票が前回の1.7倍の6.14%(前回は3.55%)に上った。また候補者を記入しなかった白紙票も2倍弱だったという - 毎日新聞
  • (社会)6月27日、品川区の運河で中国人の遺体が見つかった事件で、事情を知っているとみられる中国人の男が警視庁に出頭していたことが分かった。警視庁はこの男を入管難民法違反で逮捕しており、中国人の遺体を捨てたことについても事情を聞いている - JNN(TBSテレビ)
  • (文化・ひと)双子歌手・ザ・ピーナッツの妹・伊藤ユミ(本名・月子)さんが5月18日死去したことが分かった。75歳だった。ザ・ピーナッツは姉のエミさん(2012年6月没・享年71)とともに結成され、1959年デビュー。中でも「恋のフーガ」「モスラの歌」などが人気を集めたが1975年に芸能界を引退していた - オリコン
  • (文化・ひと)放送作家・作詞家・タレントとして活躍した永六輔氏が死去したことが分かった。83歳。永氏は中学校のころからラジオ番組に投稿。早稲田大学在学中に、この番組の構成を手掛けていた三木鶏郎氏にスカウトされ、放送作家デビュー。のちに作曲家の中村八大氏とともに作詩にも携わり、「こんにちは赤ちゃん」や「上を向いて歩こう」などをヒットさせる。ラジオのディスクジョッキーとしても1967年から2013年にTBSラジオ局で放送された「六輔の誰かとどこかで」は12000回を超える、同一人物が出演するTBSラジオ局の番組では最長寿番組を誇り、「永六輔のその新世界」(1991-2015年)、さらには「六輔の七転八倒九十分」のパーソナリティーも務めてきた。しかし、2011年11月に自宅で転倒し骨折。リハビリを続けながら車椅子で出演したものの、今年2月、脊柱損傷の手術のため「六輔の七転八倒九十分」を休演した。なお左記番組は今年6月を持って打ち切られている - 毎日新聞