2016参院選 改憲勢力4党で議会の3分の2議席を占める

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア第24回参議院議員通常選挙に関する記事があります。
安倍晋三首相(2015年撮影)PD
安倍晋三首相(2015年撮影)PD
2016年参院選投票会場(東大阪市内)CC-by-sa-4.0
2016年参院選投票会場(東大阪市内)CC-by-sa-4.0

【2016年7月11日】

第24回参議院選挙」が2016年7月10日に投票、10日から11日にかけて開票が行われ、改選121議席の顔ぶれが出そろった[1]。今回の選挙では、安倍政権経済政策憲法の改正などが焦点となり、各党で論戦が交わされた[2]

自民党公明党の与党2党では、改選前の59議席から10議席を増やして改選後69議席となり、その後自民党が神奈川県で当選した候補1名を追加公認したことで70議席まで議席増加し、非改選の76議席を含め146議席となった。この結果、参議院で与党が占める議席割合は60.3%に達した。2004年(小泉内閣時代)に自民・公明の両党で記録した57.4%をも超える成果を挙げ、現行の改選121議席となってからは与党として過去最大の議席割合に達した[1]

公明党は選挙区で過去最多の7議席を獲得。比例区も7議席を獲得したことで合計14議席まで議席増加、非拘束名簿方式が比例区で採用された1992年以来の議席数まで勢力を取り戻したことになる[3]

改憲勢力を全体で見ると、自民党と公明党に加えて憲法の改正に賛成する野党の「おおさか維新の会」と「日本のこころを大切にする党」を加えた4党の改憲勢力の議数は、今回の改選で77人が当選。これに非改選の88人を併せて165議席となり、憲法改正の国会発議に必要な全体の3分の2の基準162議席を上回った[4]。非改選議員では上記の4党以外で、共同通信社の取材などに対して、無所属3人と、諸派1人の計4人が安倍政権下での改憲に賛成すると明言しているという[4]

各党の最終獲得議席数[編集]

党/当選者数 改選総数 選挙区 比例区 (非改選) 全体議席(選挙前)[脚注 1]
総計 121 73 48 (121) 242(242)
改憲推進4党
(161 うち今回改選77)
自民党 56[脚注 2] 37[脚注 2] 19 (65) 121(115)[脚注 2]
公明党 14 7 7 (11) 25(20)
おおさか維新 7 3 4 (5) 12(7)
こころ 0 0 0 (3) 3(3)
その他
(81 うち今回改選44)
民進党 32 21 11 (17) 49(60)
共産党 6 1 5 (8) 14(11)
社民党 1 0 1 (1) 2(3)
生活の党 1 - 1 (1) 2(3)
諸派 0 0 0 (1) 3(5)
無所属 (全体) 4 4 - (7) 11(14)
(与党系) 0 0 - (3) 3(5)
(野党系) 4 4 - (1) 5(4)
(その他) 0 0 - (3) 3(5)
  1. 非改選を含めた全体議席数。なお公示前の勢力は欠員1あり
  2. 2.0 2.1 2.2 自民党には無所属で当選し、のちに追加公認された1人含む

上記「各党の最終獲得議席数」節の内容は、朝日新聞デジタル「参院の新勢力」に基づく[5]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『参院選、当選者の顔ぶれ確定…与党の議席率最大』読売新聞(YOMIURI ONLINE)、2016年7月11日。
  2. 『参院選 与党側が圧勝、改憲勢力が3分の2超える』TBSテレビ(NEWS-i)、2016年7月11日。
  3. 『公明党が24年ぶりに14議席獲得 山口那津男代表「連立政権の実績に対する有権者の積極的な評価だ」』産経新聞ニュース、2016年7月11日。
  4. 4.0 4.1 『改憲勢力165議席 今回当選は77人で確定』産経新聞ニュース、2016年7月11日。
  5. 『参院の新勢力(朝日新聞×ANN)』朝日新聞デジタル、2016年7月11日。