短信:2016年/12月/7日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月7日の短信 >>翌日

  • (経済)法人の合併交渉が難航している出光興産昭和シェル石油は、合併前の段階で、株式を持ち合う資本提携を検討していることが分かった。両社は当初2017年4月に合併・経営統合をするとしていたが、出光の創業家が反対していることから説得するための時間が必要として、今年10月の段階で具体的な合併の時期を設けない、事実上の無期限合併延期を発表したが、その後も創業家が会社側の協議に応じておらず、新たな対応策として、資本提携を検討していることが分かった。出光が互いの経営の独自性を保てるとして、株式の24.9%を昭和シェルに出資、逆に昭和シェルは第3者割当増資やTOB(公開買い付け)などで20%程度の出光の株式の取得を検討。これにより製油所の一体運用やガソリンスタンドの石油製品の供給の協力などで、関係を維持したいとしているが、この資本提携についても創業家からの反発が予想され、合併・業務提携自体が撤回・解消される可能性もある - NHK日経新聞
  • (文化・ひと)フリーアナウンサー武藤まき子さんが12月5日死去していたことが分かった。71歳。武藤さんは中国放送を経てフリーとなり、フジテレビの芸能ワイドショー番組「おはよう!ナイスデイ」→「とくダネ!」のレポーターとして出演したが、2008年のインタビューで、ストレスを原因とする不定愁訴症候群にかかっていたことを告白していた。12月5日に体調不良を訴えて横になっていたところ意識不明となり、病院に搬送されたがすでに死んでいたという - サンケイスポーツ

2016年12月7日の記事