短信:2016年/12月/21日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月21日の短信 >>翌日

  • (社会)日本政府は原子力関係閣僚会議で、増殖炉もんじゅが経済的・時間的なコストの問題が増大しているとして、今後約30年かけて廃炉する方針を正式決定した。もんじゅの運転を再開するには少なくとも8年の準備期間と、運転する際の費用が5400億円以上もかかると指摘されている。そこで廃炉作業は政府が一体となって指導しながら、日本原子力研究開発機構が安全性を確保し、着実に進められる体制を構築するとしている。その一方で将来的にもんじゅの敷地内に試験研究炉を設置するなど、高速炉の研究開発の中核的な拠点と位置付けるとしている - NHK
    • (上記関連)上記決定を受けて、もんじゅの地元敦賀市の白木地区の区長(61)は「こんなことをやってると、国として成り立たなくなる。ふざけるな!!」と激怒した。区長によると、もんじゅの開設で「交通の便が良くなり、就職の選択肢が増えたことが一番大きい」としており、現在は農業は皆無で、漁業に携わる人も4-5人程度だけ。その代わりに原子力気候に4-5人が働きに出ており「もんじゅがなかったら、今の地区があるとは思えない。もんじゅがあってよかった」という。その一方で、もんじゅの設置取り消しを求め訴訟をしている、敦賀市の市議会議員(66)は「廃炉の決定は、待ち望んでいた」と歓迎しており、また原告の板井市の男性(67)は「もんじゅを廃炉にしながらも、新たな高速炉を計画するのは腑に落ちない」と述べている - 時事通信

2016年12月21日の記事