短信:2016年/11月/26日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 11月26日の短信 >>翌日

  • (社会)去る11月7日に大規模陥没事故が遭った福岡市博多駅付近「はかた駅前通り」(市道)で、11月26日午前1時40分ごろ、再び地盤沈下があったと福岡県警に連絡があり、福岡県警が現場を通行止めにして調べたところ、陥没事故後に埋め戻された縦・横約30ⅿが最大7㎝にわたり地盤沈下していたことが分かった。けが人なし。またライフラインへの影響もなかった - 毎日新聞
  • (政治・ひと)キューバ国家評議会の前議長だったフィデル・カストロ氏が現地11月25日午後10時29分(日本時間・26日午後0時29分)死去したと、実弟の現議長・ラウル氏がテレビで発表した。90歳。カストロ氏は1959年のキューバ革命で国家権力を掌握すると、アメリカと断交、いわゆる共産主義国家を標榜する旧ソビエト連邦などとの関係を深めたりした。共産主義が崩壊した後も、社会主義を守りながら欧米の市場経済の原理をとりいれるなどして経済の再生を図った。2006年に腸内出血で手術を受け、暫定的に実弟のラウル氏に議長権を譲るが、体調の改善が見られないため2008年に正式に議長を辞し、ラウル氏に政権を譲った。なおアメリカとは2015年7月、54年ぶりに国交回復を達成した - 朝日新聞
  • (スポーツ)JFL(日本フットボールリーグ)への昇格をかけて争われる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ決勝大会の第2戦(11月26日・ゼットエー・オリプリスタジアム市原)で、岡田武史氏がオーナーを務めているFC今治が、この日の第1試合でヴィアティン三重に3-0で快勝し、第2試合で三菱水島鈴鹿アンリミテッドに0-3で敗れたため、最終日の27日に今治を勝ち点で並ぶチームが鈴鹿と三重の2チームに絞られたため、2位以内となることが確定し、2017年からJFLに昇格をすることが決まった。正式には12月7日に行われる理事会に諮ったうえでの昇格となる。岡田氏は「ホッとしています。すぐにJFLリーグに向けて経営や体制・補強や強化に力を入れたい。できれば来年はJ3に一気に上がりたい。1年目の去年(2015年)は昇格は逃したが、よそからきて、パッと上がっていたら、今治や東予地方の方に支持されていなかったのかもしれない。2年目での昇格は良いタイミングだった」と述べている - 日刊スポーツ
  • (スポーツ・ひと)J2モンテディオ山形は、11月26日、児童のわいせつ映像を公開したかどで逮捕・京都区検に略式起訴された中村隼選手を解雇(契約解除)としたことを発表した。また監督不行き届きにより森谷俊雄社長と強化担当の取締役の男性1人に対して減俸1割を2か月、強化部長についても減俸1割1か月の懲戒処分を科した - 日刊スポーツ
  • (スポ―ツ)大相撲九州場所14日目(11月26日・福岡国際センター)、単独トップで1敗の横綱・鶴竜を2敗で追いかけていた日馬富士(はるまふじ)が横綱対決の白鵬戦で敗れ、鶴竜が豪栄道との対戦で勝ったため、千秋楽を待たずに鶴竜の3回目(7場所ぶり)の優勝が決まった - NHK
    • (上記関連)今回の鶴竜の優勝により、今年の大相撲は白鵬が2回優勝した以外は日馬富士、今回の鶴竜の3横綱と、琴奨菊と豪栄道の2大関の計5人が優勝した。この5人の優勝が出たのは2000年以来16年ぶりのこと。年間6場所になった1958年以後の今日の大相撲においては、全6場所完全制覇は2005年の朝青龍のみ、優勝者が全く異なったのは1991年の事例があるのみだ - サンケイスポーツ

2016年11月26日の記事