短信:2016年/10月/8日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月8日の短信 >>翌日

  • (気象)日本の気象庁は10月8日未明、阿蘇山で噴火したと発表した。阿蘇山では中岳第1火口付近で5月1日にごく小さな噴火が確認されて以後は噴火が観測されてこなかったが、去る10月4日以後、火山性微動の振幅がやや大きくなり、同7日10時ごろからさらに大きくなっていた。孤立型微動はやや多く、二酸化炭素による火山ガスの放出量も多く、火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があるとこれまでしてきた - レスキューニュース
    • (上記関連)この噴火を受けて福岡管区気象台は阿蘇山周辺に火口周辺警報を発令し、阿蘇市南阿蘇村高森町の火口周辺地域では大きな噴石などに警戒をするように呼びかけるとともに、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた - 日テレNEWS24
    • (上記関連)この噴火について、一部の専門家は4月の熊本地震とのかかわりを指摘する声もある。気象庁によると火口の下の浅い部分でマグマが膨張し、噴火になった可能性があると考えられ、また爆発的噴火であることから、マグマの熱が伝わり、地下水が沸騰して爆発する「水蒸気噴火」の可能性もあるとみている。同庁は熊本地震との関係性は不明としているが、鹿児島大学井村隆介准教授、及び東京大学名誉教授火山噴火予知連絡会藤井敏嗣会長は、そろって「地震によってガスの圧力が高まった可能性がある」と指摘している - 西日本新聞
  • (政治)コロンビアの政府と、左翼ゲリラコロンビア革命軍は、先日の国民投票で否決された、和平合意についてもう一度見直すための交渉を行うことを明らかにした。これはコロンビアのサントス大統領がノーベル平和賞を獲得することが決まったことを受け、一度はとん挫した和平プロセスが再開することを意味する - 時事通信
  • (文化)資生堂が10月1日から放送を開始した「インテグレート」の新CMについて、ネット上で女性に対する差別的な表現であるとする批判が相次いだことを受け、同社はこのCMの放送を中止すると明らかにした。内容は25歳の女性をテーマにしたもので出演した女優が「今日からあんたは、女の子じゃない!!」と語るくだりがあった。それが女性に対する差別的な発言とされた物で、資生堂は「本来意図していたメッセージが視聴者に伝わらなかった」としている - 朝日新聞
  • (文化・ひと)吉本新喜劇で「たつじぃ」の愛称で知られ「お邪魔しまんにゃわ!!」などのギャグで知られた井上竜夫氏が、高度肺気腫で死去していたことが分かった。74歳。井上氏は亡くなる直前まで家族とテレビで見ながら談笑した後「また明日」と告げ、その後容態が急変してしまったという - デイリースポーツ
  • (文化・ひと)ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん)氏が、去る9月末に発売された週刊文春で、当時19歳だった女優と交際し、飲酒をしていたのではないかとする報道があったことを受けて、川谷氏は「ゲス極」と「indigo la End」の活動を、すでに公表済みの公演日程終了後から当面自粛すると発表した - 中国新聞
  • (社会)10月7日午後1時ごろ、渋谷区みずほ銀行渋谷支店から、「キャリーバッグを置いて立ち去ろうとした不審な外人の男がいる」との通報があり、駆け付けた警察官が男を取り調べ、バッグの中を調べたところ「Bomb(爆弾)」であると答え、警視庁は周辺の道路を封鎖するなどした大騒ぎとなったが、中身は衣類やパソコンなどで、渋谷警察署は同日夜、イギリス国籍を有する27歳の男を威力業務妨害で逮捕した。男は「爆弾といったのは間違いない」としている。男はこの日の午前9時ごろからこの銀行に入り、4時間近くにわたり店内をうろついたり、ソファーでくつろいでいたが、その後1階フロアに青色のキャリーバッグを置いて立ち去ろうとしたという - 朝日新聞

2016年10月8日の記事