短信:2016年/10月/31日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月31日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)世界ゴルフ選手権シリーズの「HSBCチャンピオンズ選手権大会」最終日(現地10月30日・中国上海)で、松山英樹選手が首位をキープして23アンダー(バーディー6・ボギーなし)で日本人初優勝を飾った。同大会は全米プロツアーの一環で、松山選手は同ツアー3勝目。日本人選手では丸山茂樹選手と最多勝タイとなった - 朝日新聞
  • (スポーツ)男子バスケットボールB1リーグ千葉ジェッツアルバルク(A)東京の試合で前代未聞の大量退場が発生した。これは第1クォーター(全4クォーター制)の残り3分半で、千葉のアームストロング選手とA東京の菊池選手の接触プレーを引き金に口論となり、アームストロング選手は菊池選手を小突いて退場になったうえ、この2人を止めようとした選手までが乱入に参加し、千葉から5人とA東京から4人の9人が一挙退場。さらに反スポーツマン精神があったとしてさらに1名が退場。合計11人が退場となるという事態になった - スポーツ報知
  • (スポーツ・ひと)広島カープを今季限りで引退する黒田博樹投手のつけている背番号15番について、同球団は永久欠番とする意向であることがわかった。黒田投手は1997年から11年間カープで活躍した後、フリーエージェントを行使して大リーグに挑戦。その後カープに2015年復帰し、今年の25年ぶりのリーグ優勝にも貢献するなど、日米203勝を達成。「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、カープに復帰してお金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と述べている - 時事通信
  • (スポーツ)サッカー・アジアU-19選手権大会(兼U-20W杯選手権大会予選)決勝が現地10月30日にあり、すでに10年ぶりのW杯進出を決めていた日本サウジアラビア延長戦を含めた120分間で決着がつかず、PK合戦の末初めてのアジアチャンピオンを手にした - Football ZONE web
  • (経済)ココストアについて、ファミリーマートは10月31日をもってすべて終了することを発表した。商品搬入や改修などの準備が整ってから順次ファミマに転換する。当初計画は今年12月いっぱいの予定だったが、それを2か月早く終了したことになる。ココストアとエブリワンは2015年10月にファミマに買収・経営統合され、営業を継続することになっていた約370店舗を順次ファミマに転換していたが、最後まで沖縄県に残っていたココストアの2つの店舗が10月31日に閉店した。ファミマは今年9月、サークルKサンクスユニーグループホールディングス)と統合し、2018年2月までに「サークルK」「サンクス」の店舗約6000店舗を順次ファミマに転換する方針であるが、これも1年ほど前倒しすることも検討している - 産経新聞
  • (文化・ひと)NHKは時代劇「精霊の守り人」の第3シーズン(2017年11月から放送予定)で、聖道師を担当していた平幹二朗氏(享年82)が死去したことを受けて、この代役を鹿賀丈史氏が担当することを発表した。同作品は2015年度から3年間をかけて22回にわたって放送されている。なお2017年冬に放送される第2シーズンについてはすでに収録が終わっているためそのまま放送するという - デイリースポーツ

2016年10月31日の記事