短信:2016年/10月/14日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月14日の短信 >>翌日

  • (スポーツ・ひと)サッカー・J1川崎フロンターレは10月12日、風間八宏(やひろ)監督が、契約満了となる今季を最後に契約を更新しないで、退任することを正式に発表した。風間氏本人が「初めて監督をして5年が経過し、自分の頭の中を一度クリアーにしたかった。初めから考えていた」として自らの希望で退任の意向を示したという。チャンピオンシップなどの今季残りの公式戦は指揮を執るが、今後は2020年東京五輪の指揮官の有力者に挙がっているという - スポーツニッポンスポーツ報知
  • (スポーツ)Jリーグは、10月12日の理事会で、来年度・2017年のJ1リーグから、現在の2ステージ制をやめて、1シーズン制に3年ぶりに戻すことを正式決定した。2ステージ制はテレビ中継を含むマスコミの関心の低さや入場者の減少などから、収入増と、メディアの露出の増加の双方の実現を目指して導入し、村井満チェアマンは、これらが達成し「2年間の手ごたえはあった」としたが、日程面や、サポーターから「1シーズン制に戻してほしい」とする要望が多かったことや、2017年度からイギリスの動画配信会社・パフォームグループネット向け動画配信「DAZN(ダ・ゾーン)」と10年間の大型放映権契約を結んだことも1シーズン制回帰につながったという。また来季からは世界のトップクラブとの練習試合・プレシーズンマッチや海外遠征を展開するための「サマー・ブレーク」と称した中断期間も設けられる。村井氏は「Jリーグにとって大事なのは、世界のトップクラブと競い合いながら、我々のギャップを認識して、埋めていくための算段を付ける。基本的には強化を前提としつつ、レベルの高い試合を見てもらうことによって、関心度を上げていければと考える」としている - ゲキサカ
    • (上記関連)またこの理事会では、外人枠の扱いについて、「一般外人枠3+アジア枠1+Jリーグ提携国枠1」の「3+2」で最大5人としていたものを、2017年度から一般外人枠だけで最大5人に拡大することを決定した。但し、1試合の出場枠やベンチ入りはアジアサッカー連盟の規定に合わせるために、旧来の「3+2」のシステムは変更しないが、11月以後に規定が変更される可能性があり、「緩和・拡大される状況なら、Jリーグもそれに準じて広げる」(村井チェアマン)としている。またクラブ財政の基盤強化のために「均等分配金」と「入賞賞金」の増額、「強化分配金」と上位リーグから下位リーグに降格するクラブへの「降格救済金」を設けることも併せて決定された。均等分配金はJ1が1億8000万円からほぼ倍の3億5000万円、J2は1億円から1億5000万円、J3は1500万円から倍の3000万円に設定。またJ1の賞金総額は3億5000万円から4億8000万円となり、優勝すれば3億円が贈られる。また「強化費・トレーニングや育成関連の費用など、Jリーグの競技レベルを上げることを前提」とした強化分配金がJ1の上位4クラブに、また上位リーグから下位リーグに降格したチームが降格初年度のシーズンのみ、上位リーグの配分から8割が保証される降格分配金も新たに設けられる - ゲキサカ1(外人枠)同2(賞金関係)
  • (社会)ラーメン店幸楽苑」の静岡市内の店舗で、ラーメンの中に指が混入していた問題で、同チェーンが静岡市の保健所に対しての申し立て書類に「爪混入」と書いて提出し、のちに保健所から「指」と書き直すように指導を受けていたことが、朝日新聞静岡支局が保健所に対して取材したところ分かった。保健所によると、客の届けを受けて確認したところ、長さ7-8ミリ、幅1センチ、厚さ5ミリの爪のついた指先だといい、書類を提出した担当者は「指ではないのか?」と指摘して書き直しを求めたという - 朝日新聞
ヨーハウグ選手(2012年)
鈴木尚広選手

2016年10月14日の記事