短信:2016年/10月/12日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月12日の短信 >>翌日

アンジェイ・ワイダ氏(2008年)
  • (文化・ひと)ポーランドの映画監督で、同国の映画界の巨匠として知られるアンジェイ・ワイダ氏が現地10月9日死去したと、ロイターなどが報じた。90歳。10代のころ、当時の反ナチス抵抗運動に参加し、1950年代にこの参加の経験を活かした「抵抗3部作(「世代」「地下水道」「灰とダイヤモンド」)」で世界的に知られ、1977年、当時のポーランド共産党の厳しい検閲の下作られた「大理石の男」は労働英雄に祭り上げられた男の悲劇を描き、1950年代の社会世相を描いた。その後1981年、造船所の大規模ストライキをテーマにした「鉄の男」で、カンヌ国際映画祭のグランプリに当たる「パルムドール」を獲得するも、ポーランド国内では戒厳令が敷かれていたため、当時公式上映ができず、反体制的な内容を問題視し映画人協会会長を追放されたりもした。2000年にアメリカ映画芸術科学アカデミーから「民主主義と自由をテーマにして、第2次大戦後のヨーロッパの人々に勇気を与えた」として名誉賞を受賞したこともある - 中日新聞
  • (社会)10月12日午後3時半ごろ、東京都内で大規模な停電が発生し、同3時39分ごろには約35万件が停電する事故があった。新座市の地価のケーブルから出火し、変電所が停止したとみられている。その後別経路で送電を行い、4時25分ごろまでに停電はすべて解消したが、人為的なものはなく、自然発火とみられている - 朝日新聞
  • (社会)ラーメン店幸楽苑」の静岡市・清水インター店で9月10日昼頃、店内の女性客が、子供の食べていたラーメンのスープに人の指のようなものとみられる遺物が入っていたことに気づき、店員に連絡したことが分かった。同チェーンの本部によると、パートスタッフが調理中に誤って指を切り落としてしまったという。同チェーンは静岡市保健所に始末書を出した - 朝日新聞
  • (スポーツ)日本相撲協会は10月12日、春日山親方(元幕内浜錦)に対して、春日山部屋の師匠を退くように勧告を出した。この日の理事会で、先代の春日山親方(元幕内春日富士)から、年寄名跡証書を譲り受けていないことや、力士の指導の面で不適格との判断を下したもので、一応の回答期限を10月19日に設定するも、師匠辞任は不可避な状態となりそうで、このまま春日山部屋の力士は追手風部屋に移るとみられる - 時事通信
  • (スポーツ)将棋のタイトル戦の一つ、竜王戦(10月15日開幕・7番勝負)に、挑戦者として出場を予定していた三浦弘行九段が、この大会の出場を辞退したことが日本将棋連盟から発表された。同連盟は挑戦者を同決定戦で敗れた丸山忠久九段に変更し、渡辺明竜王と対戦することを決めた。また三浦九段について同連盟は今年いっぱい(12月31日まで)の公式棋戦出場停止処分を出すとしている - 朝日新聞

2016年10月12日の記事