短信:2015年/2月/24日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月24日の短信 >>翌日

西川公也前農林水産大臣
世Ⅳ虎選手
  • (スポーツ)2月22日に後楽園ホールで行われた女子プロレスリングスターダムの大会において、メインイベントの「ワールドオブスターダム」選手権者の世Ⅳ虎(よしこ)選手が、壮絶なケンカマッチを仕掛け、挑戦者の安川惡斗(あくと)選手の顔面を崩壊させる大けがを負わせた。安川選手がこぶしで殴ると、世Ⅳ虎選手も殴り返すという壮絶な殴り合いとなった。和田京平レフリーは世Ⅳ虎選手に警告し、一旦安川選手の流血の救急処置のためのインターバルを取るが、再開後も世Ⅳ虎選手は安川選手を殴り続け、7分45秒にレフリーストップで世Ⅳ虎選手の勝利が告げられたが、安川選手は顔の腫れがひどい重傷を負った。しかし、世IV虎選手に対し、スターダムは出場停止などの厳しい制裁を下す方針である - 東京スポーツ
    • (上記関連)今回の問題を受けて、スターダムは2月25日に都内で緊急会見を行い、世Ⅳ虎選手に対する処分を発表する。ロッシー小川代表は2月23日の会談で、「世Ⅳ虎選手は試合を壊したことにも、安川選手に対しても謝罪の遺志を明らかにした。出場停止処分は厳しいものになる」と説明した。また23日の会議で、団体の管理体制やルール厳罰化の徹底などを話し合うとともに、小川氏、風香ゼネラルマネジャー高橋奈苗選手に対しても、処分を行うことを決めている - デイリースポーツ
  • (スポーツ・ひと)17歳のプロボクサーで、白血病と闘っていた服部海斗選手が2月24日午前11時、大阪市立大学付属病院で慢性骨髄性白血病で死去したことを、大成ボクシングジムから発表された。2013年に日本国外でプロデビューしたが、2014年3月に病気が発覚。その年に父から骨髄を移植される手術を受けたが、年明けから容体が悪化しており、ボクサー仲間から募金を募って、闘病を支えていた - デイリースポーツ
鹿児島ユナイテッドの本拠地・鹿児島県鴨池陸上競技場

2015年2月24日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。