短信:2014年/3月/10日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 3月10日の短信 >>翌日

  • (社会)現地3月8日にマレーシアクアラルンプールから中国北京に向かっていたマレーシア航空370便・ボーイング777-200型機 乗客乗員239人)が消息を絶っている問題で、ベトナムの新聞のウェブ版が「ベトナム海軍機が現地3月9日に、南部・トーチュ島の南南西80㎞の海上で不審な物体を見つけたと報じた。マレーシアの政府当局は中国やアメリカなどの支援により消息を絶った南シナ海からマラッカ海峡にかけて捜索を続けている。また乗客の2人が偽のパスポートで搭乗したことも分かった。同機に搭乗した乗客名簿のうち、37歳のイタリア人と30歳のオーストリア人は共にタイでパスポートを盗まれたといい、何者かが偽パスポートで無断搭乗した可能性があるとみられている - 読売新聞
  • (社会)日本政府の原子力災害対策本部は、福島第1原発事故により避難指示(原則としてその地域への立ち入り・宿泊禁止)を出していた田村市都路(みやこじ)地区について、4月1日付けを持ってそれを解除することを決定した。同原発から半径20㎞圏内の「旧・警戒区域」の解除は初めてである。対象となる世帯は2013年末現在で117世帯・358人の住民 - 毎日新聞

2014年3月10日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。