短信:2014年/12月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月11日の短信 >>翌日

日清食品ホールディングス東京本部(新宿区。今回の問題の冷凍食品が製造された「日清食品冷凍」の登記上本社がある)
日清食品ホールディングス本部(大阪市)
  • (社会)日清食品冷凍は、ゴキブリとみられる虫が混入していたとして、冷凍食品3品・合計74万6620食を回収することを発表した。対象となったのは「日清スパ王プレミアム・ブロッコリーの入ったエビのトマトクリーム」「日清もちっと生パスタ・焼き鮭とブロッコリーの濃厚クリームソース」「同・ベーコンとブロッコリーのカルボナーラ」の3商品で、静岡工場製・賞味期限2015年10月の商品となっている。11月に購入者から「異物が入っている」とする指摘が3件あり、ゴキブリがバラバラの状態で混入していた可能性があることがわかった。同商品を購入した消費者には、回収の協力を前提として、1食あたり500円相当の金券を送ることにしている - 読売新聞日清食品冷凍のリリース
  • (社会・文化)小学館週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画『美味(おい)しんぼ』(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)の単行本111巻「福島の真実2」が、12月10日に発売された。今年春の連載時(現在は休載中)に福島県大阪市などから東京電力福島第1原発事故放射線リスクを巡る描写に対して抗議を受けており、雁屋さんと協議し、主人公の鼻血の描写は残したものの10か所以上の登場人物の発言(吹き出し)が修正された。巻末には「表現意図をより明確なものとするため」と修正理由も記載された。この日、雁屋さんは一連の本件に対する意見をまとめた本(小学館によると出版元は同社ではないという)を来年1月に発売すると、自身のブログで発表した - NHK朝日新聞スポーツ報知
  • (気象)日本列島は12月12日からこの冬で一番強烈な寒波が訪れ、日本海側の山沿いを中心として大雪になるが、12月16日‐17日ごろにかけて、更に強いレベルの寒気となり、日本海側だけでなく、太平洋側でも九州から東海地方、さらに東北地方の広い範囲で雪が降る恐れがあるため、山間部では積雪による孤立に注意が必要 - ウェザーニューズ
マララさん(2013年)
カイラシュ氏
  • (社会)ノーベル平和賞の表彰式が現地12月10日、ノルウェーオスロで行われ、パキスタンマララ・ユスフザイさんと、インドカイラシュ・サティヤルティー氏にそれぞれ賞状とメダルが贈られ、ノーベル平和賞選考委員会のヤーグラン委員長は「2人こそ、アルフレッド・ノーベルの求めた、平和の擁護者にふさわしい」と彼女らをたたえた - NHK
    • (上記関連)この表彰式中に、男が突然壇上に乱入するハプニングがあった。男は、マララさんが表彰を受けていた直後、メキシコ合衆国国旗を振って「マララ!!」と叫びながら、マララさんに近づいたとされる。現地報道では、この男は11月に入国した同国出身の学生で、招待状は全く受けていなかった。男は手荷物検査を受けており、武器は持っていないとみられるが、会場の警備をすり抜けて侵入していたという - 読売新聞
    • (上記関連)一方、平和賞を除くその他のノーベル賞各部門の授賞式が現地12月10日、スウェーデンストックホルムで行われ、物理学賞を獲得した、赤崎勇天野浩中村修二の3氏に記念メダルと賞状が贈呈された。選考委員は「非常に粘り強く、多少の幸運も伴って、窒化ガリウムのきれいな決勝に作り出すことに成功した。LEDは今では街や家庭など、いたるところで利用され、地球の暗闇に明かりをともした。節電や環境の改善にもつながっている」とたたえた - NHK
  • (文化・ひと)フォークトリオ「ガロ」の一員だった堀内護(まもる)氏が12月上旬、病死していたことが判った。65歳だった。堀内氏は昨年から体調を崩し、今年11月に関係者に「胃痛がひどい。検査の結果、胆のうが悪く手術した。ライブをしたいが周りに迷惑をかけるし、腹痛で歌うのが困難である」とするメールを送っていた。堀内氏のいたガロは「学生街の喫茶店」のヒットで知られ、1976年に解散後は、ソロ歌手活動を経て、実業家となった。その後、2007年から歌手活動を再開していた - サンケイスポーツ
  • (社会)あるアドレスにアクセスすれば、自動的に110番通報されるというコンピュータウィルスを制作し、それを携帯電話に拡散したとして、兵庫県警岐阜県の高校2年生の男子生徒を含む全国の14-19歳の少年6人を、不正指令電磁的作成の疑いで、書類送検していたことが、毎日新聞が捜査関係者に取材して分かった。彼らは4月下旬にこのウィルスを作り、LINEを通じて知人らに送信し、6人が次々とLINEで不特定多数の人に送信したとされている。実際このウィルスの感染による110番通報が全国で約7500件あった - 毎日新聞
  • (社会)「ペヤング」のカップ焼きそばで知られるまるか食品は、麺に虫が混入していたとされる消費者からの指摘を受け、製造過程でそれが混入していた可能性が否定できないとして、群馬県内にある2つの工場での生産を当面自粛し、併せて同社が発売している24種類全てについて販売の中止・対象製品の回収を行うと発表した。同社によると、12月3日「ペヤング・ハーフ&ハーフ激辛焼きそば」に虫が混入していたとする指摘が寄せられ、この商品と同じラインで製造されたカップ麺2種類・約5万食を自主回収しており、またこの問題の商品を外部に分析し、社内で検証した結果、製造過程で混入した恐れが否定できないと判断。その上で、2か所の工場での生産を停止し、対象となる24の商品全ての販売も停止・すべて回収することにした。購入者には対象商品を送り返すことで、代金を返金する - NHKまるか食品ホームページ(トップページにリリース掲載)
  • (経済)パチスロ機のメーカー「ラスター」が12月3日、東京地裁から破産開始決定を受けた。当初は遊技場経営が主体だったが、バブル期の不動産投資の失敗から、パチスロ機の製造に専念していた - 東京商工リサーチ
  • (社会)名古屋市港区で今年10月に亡くなったとされる次女(当時38)の遺体を放置したとして、この家に住む76歳の母親が12月11日、港警察署に逮捕された。12月10日、名東区在住の長女(40)が、母親宅を訪れ、次女の様子を見ようとしたところ、母親に入室を断られ、不審に思った警察に通報し、警察官が駆け付けたところ、ミイラ化した次女の遺体が見つかったという。次女はダウン症だった - 中日新聞日テレNEWS24
JR恵比寿駅
  • (社会)今年8月、恵比寿駅山手線ホームで痴漢を訴えられた男が線路に飛び降り、山手線の電車が一時運転見合わせとなった事件で、渋谷署は12月11日までに、文京区の会社員の男(34)を威力業務妨害容疑で逮捕した。容疑は8月21日午後7時過ぎ、恵比寿駅で転落防止ドアを乗り越えて線路に侵入し、25分間運休させ電車の運行業務を妨害したとされる。男は車内で女性会社員に「尻を触られた」と訴えられて、恵比寿駅で下車し、ホームから飛び降りて、線路を横切る形で逃走していたという - 時事通信
  • (社会・学術)アメリカの雑誌・TIME主催の「パーソンズ・オブ・ザ・イヤー」の今年の受賞者に、西アフリカエボラ出血熱の大流行と闘っている医師・医療関係者と、エボラ熱の生存者を選んだことを公表した。TIMEは「勇敢で慈悲深い活動を根気強く行い、世界が対策を強化する時間稼ぎをし、危機を冒し乍らも、あきらめることなく、自らを犠牲にして人命を救った」ことを表彰理由に挙げている - ロイター
  • (社会・経済)検索サイト・Googleは、報道サイト「GoogleNEWS」のスペインでの提供を現地12月16日に終了すると発表した。これは現地のパブリッシャーのコンテンツを使うための著作権料「コンテンツアグリゲーション」(Google税)の支払いを求めるとする法律が最近可決されたことによるもの - CNET Japan
  • (経済)自動車部品メーカー・タカタ製造のエアバッグの不良品が出回っていることについて、ホンダ日産自動車三菱自工などは12月11日、新たに約26万台を国土交通省に対してリコールを届け出た。これによりタカタ製エアバッグの不良品のリコールは300万台を超えている。タカタ製エアバッグの不良品問題は、アメリカでもホンダ製の540万台がリコールの対象となっており、今後交換品の確保が課題となっている - NHK1同2
東急プラザ渋谷。2015年3月に閉館が決まった