2014年冬の「全日本馬場馬術大会」と「全日本障害馬術大会」が実施される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年12月11日】

Wikipedia
ウィキペディア全日本馬場馬術大会に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア全日本障害馬術大会に関する記事があります。

「第66回全日本馬場馬術大会2014 Part I」が2014年11月28日から11月30日にかけて、「御殿場市馬術・スポーツセンター」で行われた[1]。なお、11月29日は荒天により全競技が中止となったため、「全日本馬場馬術選手権」は本来グランプリクラスの規定演技と自由演技の合計により選手技量が競われるところを、規定演技のみで審査することとなった[2]

「全日本馬場馬術選手権」は「林伸伍選手とピーターパン号」のコンビ(アイリッシュアランRS所属)が優勝した。林選手が「全日本馬場馬術選手権」で優勝したのは初めてのこととなる。林選手は4年前に初めて「全日本馬場馬術選手権」へエントリーしたが、棄権という結果に終っている。その後は「一昨年は3位、去年は2位、今年は1位とひとつずつ上がってきました。これまでの経験があっての優勝なので、とても嬉しいです。」と林選手は優勝者コメントで語り、これまでの挑戦を振り返り今回初優勝という結果を出せたことを喜んだ[2]

「GROHE CUP 第66回全日本障害馬術大会2014 Part I」は2014年12月4日から12月7日にかけて「杉谷馬事公苑」(大阪府和泉市)で行われた[3]2020年に開催される東京オリンピックへ向けて馬術選手の技量向上を図るため、今大会では初めてとなる高さ1メートル60センチの障害が設置された[4]

「全日本障害飛越選手権」は「佐藤泰選手と如意号」のコンビ(明松寺馬事公苑所属)が制した[5]。佐藤選手は優勝者コメントの中で、地元の長野県で起こった11月の地震に触れ「私も長野県民として誇りをもって頑張ってこようと思っていました。」とコメントを行い、選手としての気概を示した[5]。なお、「全日本障害飛越選手権」の模様は2014年12月14日の16時から17時にかけて、NHKEテレで放送される[4]

情報源[編集]

  1. 『大会情報 - 第66回全日本馬場馬術大会2014 PartⅠ』JEF(日本馬術連盟)、。
  2. 2.0 2.1 『《全日本馬場Part I》最終日速報(11月30日)』JEF(日本馬術連盟)、2014年11月30日。
  3. 『大会情報 - GROHE CUP 第66回全日本障害馬術大会2014 PartⅠ』JEF(日本馬術連盟)、。
  4. 4.0 4.1 『NHK 番組表 - 全日本障害馬術2014』NHK(日本放送協会)、。
  5. 5.0 5.1 『《GROHE CUP障害Part I》最終日速報』JEF(日本馬術連盟)、2014年12月7日。

外部リンク[編集]