短信:2014年/10月/7日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月7日の短信 >>翌日

  • (社会・政治)イスラム過激派組織イスラム国に加わろうとしたとして、日本の警視庁は10月6日、北海道大学の男子学生(26)から、刑法の「私法予備・陰謀」の疑いで事情聴取したことを明らかにした。学生は「イスラム国の戦闘員として加わろうとした」と容疑を認めている - 朝日新聞
    • (上記関連)この男子学生がイスラム国に加わろうとした問題で、警視庁公安部は10月7日午前、関係個所を数か所家宅捜索し、「イスラム国」についての求人にかかわったとされる古書店関係者から事情聴取を行った。公安部によれば、「勤務地・シリア、詳細・店番まで」と書かれた求人広告が古書店に張り出されているとの旨の情報を受けて捜査を行い、古書店関係者の知人だった学生が、10月7日にシリアへの渡航を図っていたことが明らかになった。この学生はシリアへの渡航歴もなく、テロ組織とのかかわりも不明という - 朝日新聞
    • (上記関連)この問題で、男子学生がジャーナリストのインタビューに答えて「義勇兵にならなければ自殺する」と告白していたことが明らかになった。ジャーナリストはこの学生に取材するために同行する予定であり、10月6日にインタビューが開催された - FNN(フジテレビ)
    • (上記関連)また、アメリカイリノイ州シカゴ郊外在住の19歳の男が、イスラム国へ参加する名目でシリアに向かおうとしてアメリカ連邦捜査局(FBI)に逮捕されたことが分かった。男は現地10月4日にシカゴ国際空港からトルコに向かおうとした飛行機に搭乗しようとしたところを逮捕された。FBIによるこの男の自宅の家宅捜索で、イスラム国を信奉する内容の文章などが見つかった - NHK
  • (社会・気象)台風18号による大雨で、10月6日午前10時半ごろ、土砂災害があり、アパートの1階に大量の土砂が流れたとの110番が近所の住人からあった。警察が調べたところ、この部屋にいた佐藤浩太さん(30)が行方不明となり、消防などが救出活動をしたが、午後9時半ごろ、佐藤さんが遺体で発見された - 時事通信
  • (スポーツ・ひと)F1日本グランプリ決勝戦(10月5日・鈴鹿サーキット)に出場し、マシーンと他の事故車を撤去するための作業クレーン車との衝突事故で意識不明となったビアンキ選手(25)について、実父のフィリップさんが現地10月6日、フランスの報道機関に「脳に血腫が認められた」とする危篤状態であることを明らかにした。ビアンキ選手は衝突事故後、四日市市三重県立総合医療センター病院に搬送され、直ちに手術を受けている - スポーツ報知
  • (経済)東京電力中部電力は、火力発電事業の強化を目指した新会社を、来年3月をめどとして双方50%ずつ出資で設立することを10月7日にも発表する。主力分野において電力会社大手が提携を結ぶのは初めてのこと。新会社は燃料に使う天然ガスを世界最大級の年4000万トンで購入するほか、老朽化した火力発電所の建て替え、更に日本国外においての天然ガス権益確保を含めた、包括的業務提携を結ぶことを念頭に置いている - 読売新聞
  • (経済)近畿地方私鉄公営地下鉄などで利用できる磁気乗車カードスルッとKANSAI」が、2-3年後にも発行枚数が減少していることを理由に廃止される見通しであることがわかった。これはこのほど、磁気カードを発行・参加している各社が大筋で合意したもので、ICカード式の乗車券の導入が影響したとされる - 読売新聞
マッコリ
青色発光ダイオード

2014年10月7日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。