民主党・小沢代表が突然の辞意表明

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年5月11日】

毎日新聞によると、民主党小沢一郎代表は、5月11日辞意を表明した。

同新聞によると、西松建設からの違法献金問題で、公設秘書が逮捕された責任を取り、同党代表を辞任すると言う。

反応[編集]

  • ロイター通信によると、河村建夫官房長官は、「世論から説明責任を果たしていないとの厳しい声があったことは事実。そういうものを受けとめて決断することになると感じている」[1]と11日午後の会見で表明した。

出典[編集]

  1. 会見内容部分はロイター通信からの引用。 『小沢代表の辞意、世論受けとめ決断することに=河村官房長官』ロイター、2009年5月11日16時51分(UTC+9)。

関連ニュース[編集]

Wikipedia
ウィキペディア小沢一郎代表に関する記事があります。

外部リンク[編集]