東京を訪れていない男性がデング熱に感染 - 都内以外での感染は初

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
デング熱による症状の解説図 PD
最近公開された記事

【2014年9月9日】

デング熱流行の問題で、9月9日、東京千葉など7人から、デング熱の感染が確認された。この中で、千葉県内で感染が確認された千葉市内に住む60代の男性は東京を訪れたことがなく、厚生労働省が感染経路を調べている[1]

男性は8月31日に発熱などの症状を訴えていたが、その後9月2日に重症化、同市内の医療機関に救急車で搬送された。8日にはデング熱への感染が確認された。現在、男性の状況は安定している[2]

厚労省によると、この男性は、千葉市の生活困窮者を受け入れる無料定額宿泊所に住んでおり、1か月以内に日本国外への渡航や、代々木公園などには訪れたことがなかった[3]

これまでに代々木公園周辺以外で感染が確認された2人の患者は都内で感染したとみられており、都内以外での感染は今回が初めてとなる[2]

情報源[編集]

  1. 『東京訪れず 千葉の男性がデング熱感染』日本放送協会(NHK NEWS web)※Internet Archiveのキャッシュ使用、2014年9月9日。
  2. 2.0 2.1 『デング熱、都外で初の感染か 千葉市に住む男性』朝日新聞(朝日新聞デジタル)、2014年9月9日。
  3. 『千葉の男性、都内訪れずデング熱』読売新聞(ヨミドクター)、2014年9月10日。