朝日新聞社社長の長男が大麻所持で逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年3月28日】

産経新聞によると、朝日新聞社社長・秋山耿太郎氏の長男の秋山竜太容疑者(35歳)が、大麻取締法違反の現行犯で警視庁渋谷警察署に逮捕されていたことがわかった。秋山容疑者は容疑を認めている。

読売新聞、共同通信によると秋山容疑者は3月10日深夜(日本経済新聞の報道では午後10時過ぎ、共同では10時半過ぎ、読売では午後11時過ぎ)、雑貨を買って自宅へ帰ろうと一人で歩いているところを渋谷区渋谷2丁目の路上でパトロール中の同署員に職務質問を受けた際に、ジャンパーのポケットに乾燥大麻約1グラムを所持していたという。日本経済新聞によると同署は大麻使用の疑い、大麻の入手経路などを追及していく方針。

朝日新聞によると、秋山耿太郎社長は「息子の愚かな行為に驚いています。本人がきちんと責任を負い、法に従い、罪を償ってほしいと思います」とのコメントを出した。

出典[編集]