日本大相撲・白鵬が30回目の優勝 歴代3位

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
白鵬(2012年初場所の土俵入り) CC-by-sa-3.0

【2014年7月27日】

日本大相撲名古屋場所の千秋楽が7月27日、愛知県体育館で行われ、白鵬大鵬千代の富士に次ぐ通算30回目の優勝を達成した[1]

名古屋場所は7月26日に行われた14日目までで、横綱・白鵬と大関琴奨菊(ことしょうぎく)が2敗で並んでいた[2]。また3敗の関脇豪栄道高安(たかやす)にも優勝の可能性が残っていた[3]

その千秋楽に琴奨菊が豪栄道に寄り切りで敗れ3敗目を喫し、結びの一番で日馬富士(はるまふじ)との横綱同士の対戦に臨んだ白鵬が、上手出し投げで13勝目を挙げ、2場所連続優勝を決め、いずれも元横綱の大鵬の32回、千代の富士の31回に続く史上3人目の30回目の優勝を達成した[2]

白鵬は「これまで何度も優勝争い、優勝を経験してきたが、本当に苦労しました。心と体が一致しないところがあったが、なんとか自分を信じて相撲を取ることができました。経験がものを言ったというところです」と優勝後にコメントしている。また日本相撲協会北の湖理事長(元横綱・北の湖)は、「白鵬の30回(の優勝)は立派だ。次は大鵬さんの回数を目標にして、一つ一つやっていってほしい」と談話を述べている[4]

豪栄道(2008年) CC-by-sa-3.0

また豪栄道は琴奨菊を下し12勝目としたことによって、今場所後の大関昇進を確実にした[4]

情報源[編集]

  1. 『白鵬、30度目の優勝…豪栄道は大関昇進確実に』読売新聞(YOMIURI ONLINE)、2014年7月27日。
  2. 2.0 2.1 『横綱 白鵬が30回目の優勝 史上3人目』日本放送協会(NHK NEWS web)、2014年7月27日。
  3. 『白鵬と琴奨菊が2敗で並ぶ 豪栄道、高安も可能性に』産経新聞(MSN産経新聞ニュース)、2014年7月26日。
  4. 4.0 4.1 『白鵬、史上3人目の30度目V…豪栄道は大関昇進へ/名古屋場所』サンケイスポーツ(sanspo.com)、2014年7月27日。