日本、初めての人口自然減が確定

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月9日】

読売新聞と日本経済新聞によると、8日に厚生労働省が発表した2005年の人口動態統計により、日本の人口が自然減したことが確定した。これは現行の統計を取り始めた1899年以来で初のことであり、昨年末に発表された同統計の推計からも指摘されていた。

出生数が前年より4万8,191人少ない106万2,530人であるのに対し、死亡数は5万5,194人増えた108万3,796人となっていた。日刊スポーツによれば自然増加数は昨年より10万3,385人減少してマイナスに転じ、2万1,266人の自然減となった。

日刊スポーツによると、合計特殊出生率の概数値は1.25となっている。

日本経済新聞には人口減少の原因として、団塊ジュニア世代の出産がピークを過ぎつつあることが挙げられている。

自然増加(減少)数[編集]

厚生労働省による、単位 万人

関連記事[編集]

出典[編集]