日テレドラマ「明日ママ」全スポンサーがCM自粛 放送継続方針は変えず

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年1月28日】

MSN産経新聞ニュースの報道によると、日本テレビの連続ドラマ「明日(あした)、ママがいない」へ協賛していた提供スポンサー企業の8社全てが、1月29日放送予定の第3話でCM提供をすべて自粛することが1月27日に判明した[1]

内容に対する問題提起

このドラマは児童養護施設を舞台としているが、1月16日に赤ちゃんポストを運営している熊本市慈恵病院より、作品内容に関して「養護施設の子供や職員への誤解偏見を与え、人権侵害だ」として内容に問題があると判断され、放送の中止を求められていた[2]。慈恵病院が放送倫理番組向上機構(BPO)に対して、「施設の子供や職員の人権を侵害している」として審議の申し立てを行い[3]、慈恵病院はBPOの「放送人権委員会」へ審議を求める申立書を送付した[4]。産婦人科の蓮田健部長は1月22日の会見で、「第1回放送後に、施設の子供がいじめられたとの報告を伝え聞き、緊急性が高いと判断した。BPOは速やかに結論を出してほしい」と発言した[3][4]。さらに熊本市の幸山政史市長も同日の会見で、「過激な描写や演出、現実離れした表現が多く、児童養護施設への誤解を与えかねない内容だ。局は施設当事者の声を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と改善を要求していた[3][4]

内容に関して改善を求める声が挙がってはいたものの、日本テレビは慈恵病院へ1月20日に放送を継続する旨を伝えていた[5]。日本テレビの総合広報部は「倫理問題を含め、総合的な観点で放送前に社内で議論した。最後まで放送を見てほしい」と返答しており、ドラマに対して大きな変更を加える意向は表さなかった[5]

スポンサー企業の対応

ドラマは1月15日に第1回が放送されクレジット(テロップ表示)は協賛8社全て表示されていたが、22日に第2回が放送されると1社も表示されなくなる事態となった[6]。さらに、エバラ食品工業JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)[注 1]キユーピーの3社はCMの放送そのものも自粛し、ACジャパン(公共広告)の宣伝に変更された[7]。なお、第2回の放送時において他のスポンサー5社はCMの放送を通常通り行っていた[7]

CM提供を自粛した企業のうち、ENEOSの広報担当は「皆さまからの意見を聞き社内で協議した結果、クレジットとCMの提供は控えるのが相当と判断しました」としており[8]、またエバラ食品も「弊社は6年以上前から同時間帯の枠[注 2]を年間契約しております。そのため、事前にどのようなドラマになるか把握していませんでしたが、内容をかんがみて、今回は番組へのCM提供を控えることにしました」と説明していた[8]

CMの提供自粛は第3回の放送を前に、更に広がる動きを見せた。毎日jpの1月25日付けの記事では[9]日清食品富士重工業の2社もCM提供の自粛を決定した[9]。ただ、花王小林製薬は対応検討中[9]三菱地所はCMを継続すると回答しており[9]、25日時点ではスポンサー毎のCM対応が自粛と継続に分かれていた[9]

しかし、1月27日になると協賛8社全てがCM自粛に至る[10]。CM自粛に至った理由として小林製薬は、「顧客から番組提供の是非を考えるべきという意見が多く寄せられ、今夜(27日)同番組へのCM提供見合わせを判断した」としているほか[11]、花王も「CMを放送する環境にはないと判断した」としている[1]。ただしスポンサー契約そのものは継続する[1]。最終的にドラマへのスポンサー企業8社全てのCMが自粛され、ACジャパンの広告に差し替えられる極めて異例の事態となった[12]

日本テレビの対応

今回ドラマを制作した日本テレビ側に対し、MSN産経新聞ニュースが取材したところによると、日本テレビの大久保好男社長は1月27日の定例記者会見で「"配慮が足りないのではないか"とする趣旨の申し出をいただき重く受け止めている」と数々の批判に耳を傾ける一方で[1]、「最後まで見てもらえれば、私たちの意図をご理解していただける」と視聴者へ訴え[1]、全9回の放送を継続する方針を表明した[1]。また佐野譲顕制作局長は「現在第4話を収録中で、台本も第5話まで完成している」としたうえで[13]、「最終回までストーリーが完成しており、脚本や演出の大幅な変更もない。子供の視点から愛情とは何かを描きたい」として、現状の制作路線をそのまま踏襲する意向を示した[13]

脚注

  1. スポニチでは「JX日鉱日石エネルギー」表記、東スポWebでは「ENEOS」表記。
  2. 水曜22時台枠の協賛スポンサー

情報源

<references>

[1]

[13]

[2]

[3]

[4]

[5]

[6]

[7]

[8]

[9]

[10]

[11]

[12]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 MSN産経新聞ニュース 『全スポンサーがCM見合わせ 日テレドラマ「明日、ママがいない」 異例の事態に(1)』産経新聞、2014年1月27日。
  2. 2.0 2.1 nikkansports.com 『ドラマ「明日、ママがいない」に中止要請』日刊スポーツ、2014年1月16日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 スポニチANNEX 『「明日ママ」影響懸念…慈恵病院、BPOに審議要求』スポーツニッポン、2014年1月23日。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 東スポWeb 『愛菜ドラマ「スポンサー離れ」「CM大挙撤退」の異常事態(1)』東京スポーツ、2014年1月23日。
  5. 5.0 5.1 5.2 MSN産経新聞ニュース 『芦田愛菜主演ドラマ 日テレが継続を表明「最後まで放送を見てほしい」』産経新聞、2014年1月21日。
  6. 6.0 6.1 スポニチANNEX 『「明日ママ」スポンサー自粛続々…CM取りやめ、差し替えも』スポーツニッポン、2014年1月23日。
  7. 7.0 7.1 7.2 MSN産経新聞ニュース 『スポンサー3社がCM見合わせ 日テレ系ドラマ「明日、ママがいない」』産経新聞、2014年1月23日。
  8. 8.0 8.1 8.2 東スポWeb 『愛菜ドラマ「スポンサー離れ」「CM大挙撤退」の異常事態(2)』東京スポーツ、2014年1月23日。
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 9.4 9.5 毎日jp(土屋渓、有田浩子) 『日本テレビ:「明日、ママがいない」3社がCM中止』毎日新聞、2014年1月25日。
  10. 10.0 10.1 信毎web 『「明日、ママがいない」放送継続 CMは全社見合わせ』信濃毎日新聞、2014年1月27日。
  11. 11.0 11.1 朝日新聞デジタル 『「明日ママ」全社がCM自粛 日テレ社長、放映は続行』朝日新聞、2014年1月27日。
  12. 12.0 12.1 スポニチANNEX 『「明日ママ」スポンサー全社がCM見合わせ』スポーツニッポン、2014年1月27日。
  13. 13.0 13.1 13.2 MSN産経新聞ニュース 『全スポンサーがCM見合わせ 日テレドラマ「明日、ママがいない」 異例の事態に(2)』産経新聞、2014年1月27日。