教育基本法案が衆議院を通過

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月16日】

16日午後1時 (UTC+9) 過ぎ、日本の衆議院本会議で教育基本法改正案が審議され、与党の賛成多数で可決された。法案の成立に反対する野党は本会議を欠席した。

衆議院、共同通信によれば、15日に教育基本法特別委員会で可決されたことを受けて、午後1時から開かれた衆議院本会議で教育基本法特別委員会委員長の森山眞弓氏が委員会の報告し、採決が行われた。与党の自由民主党公明党の賛成により、賛成多数で可決された。野党の民主党日本共産党社会民主党国民新党は、特別委員会で野党欠席のまま同法案が採決、可決されたことなどを理由として、本会議を欠席した。

関連項目[編集]

出典[編集]