強い台風5号、フィリピンの東を西北西へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第0605号「ケーミー」
台風5号、22日午後2時30分。アメリカ海軍台風情報センター/米国海洋大気圏局による
7月22日午後6時40分に
気象庁が発表した
7月22日午後6時の実況
位置 フィリピンの東
北緯16度55分
東経128度55分
大きさ
強さ 強い
中心気圧 955hPa
最大風速 40m/s
進行方向 西北西
速度 15km/h
暴風域 中心から半径110km
強風域 中心から半径370km
上陸

【2006年7月22日】

気象庁によると、台風5号「ケーミー」(Kaemi)は、22日の午後6時にはフィリピンの東の北緯16度55分東経128度55分にあり、西北西へ進んでいる。23日の午後6時には、さらに発達して沖縄の南へ達すると予想している。

沖縄タイムスによると、石垣島地方は24日午前0時すぎ、宮古与那国島地方は同日の明け方ごろ強風域へ入る見込み。また、与那国島地方は24日夜遅くにも、暴風域へ入る予想だという。また琉球新報の報道では、沖縄地方付近の海上はうねりを伴った波で23日にもしけ始め、24日には石垣島や与那国島地方で波の高さが最大で9メートルに達する恐れがあるとしている。

沖縄気象台は、台風は24日夕方から夜遅くにかけて先島諸島に最も近づく見通しだとして、強風や高波への注意を呼びかけている。

最近の台風等関連記事[編集]

出典[編集]