富山化学開発のインフルエンザ治療薬 エボラ出血熱の効果を検証する臨床試験実施

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
エボラウィルス(電子顕微鏡で拡大したもの) PD
最近公開された記事

【2014年11月12日】

11月11日、富士フイルムホールディングスは、子会社の富山化学工業が開発の「アビガン」のエボラ出血熱の効果を検証する臨床試験について、その結果が12月中に出ると明らかにした[1]。早ければ2015年の年明けにもフランスとギニアの両政府に承認される[2]

「アビガン」による治験は、他の治療薬による投薬治療と並行する形で進められ、すでにフランスドイツといったヨーロッパ4か国で試みられていると「富士フイルムホールディングス」の医薬品担当にあたっている石川隆利取締役が答えた[3]。「アビガン」を投薬されたエボラ出血熱の患者は4人に及ぶが、いずれの患者も容態は改善されてきている、と記者に向けて石川取締役は「アビガン」の効用を訴えた[3]

今回、富士フイルムホールディングスでは、フランスとギニアの両政府が治験を2014年11月中旬に始める為[1]、患者300人分に相当するアビガンを用意[2]し、1カ月程度で感染者に投与できる見通し[1]で、今後、効果が認められれば、さらに1カ月以内に承認を得ることができる[2]

ウィキニュース関連記事[編集]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 『エボラ熱への効果「12月中に結果」 インフル薬「アビガン」』日本経済新聞(日経電子版)、2014年11月11日。
  2. 2.0 2.1 2.2 『エボラ熱に効く薬「アビガン」が年明けにもフランスなどで承認へ 富士フイルムが見通し公表』産経新聞(産経ニュース)、2014年11月11日。
  3. 3.0 3.1 『富士のインフル薬、15年初めにもエボラ熱薬に承認か』朝日新聞(朝日新聞デジタル)、2014年11月11日。