台風6号 (メーカラー) が発生

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2020年8月10日】

台風6号の衛星画像
Wikipedia
ウィキペディア令和2年台風第6号に関する記事があります。

8月10日の12時頃、南シナ海で熱帯低気圧が台風6号(アジア名:メーカラー)に昇格した。中心の気圧は998hPaで、中心付近の最大風速は18m/sとなっており、時速15kmで北に進んでいる[1][2]。台風は今後、台湾の西側(台湾海峡)を北上する見込み[3]。台風6号のアジア名は「メーカラー(Mekkhala)」であり、これはタイが提案した名前で、「雷の天使」を意味する[4]

最近の台風等関連記事[編集]


情報源[編集]

  1. 『台風6号が発生 フィリピン北西の南シナ海』NHK、2020年8月10日。
  2. 『台風6号「メーカラー」発生 台湾海峡へ』沖縄タイムス+プラス、2020年8月10日。
  3. 『台風6号(メーカラー)発生 台湾の西を北上』日本気象協会、2020年8月10日。
  4. 『台風6号(メーカラー)発生 2つの台風に加え熱帯低気圧も』ウェザーニュース、2020年8月10日。