台風4号沖縄を直撃、14日にも九州上陸の可能性

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第0704号「マンニィ」
13日午後7時50分に
気象庁が発表した
13日午後7時の実況
位置 徳之島の西北西約130km
北緯28度10分
東経127度40分
大きさ 大型
強さ 非常に強い
中心気圧 940hPa
最大風速 45m/s
進行方向
速度 25km/h
暴風域 南東側 350km 北西側 190km
強風域 南東側 650km 北西側 430km

【2007年7月13日】

気象庁によると、台風4号「マンニィ」(Man-yi) は13日午後7時現在、鹿児島県徳之島の西北西130kmの海上にあって、北へ毎時25kmで進んでいる。中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は毎秒45mで、暴風域を伴っている。13日午後8時には鹿児島県徳之島の西140kmの海上にあるものと見られ、14日午前6時には鹿児島県枕崎市の南西220kmの海上、14日午後6時には宮崎県宮崎市の西北西40km付近、15日午後3時には静岡県伊豆市付近、16日午後3時には関東地方の東の海上に達するものと見られる。台風が進路どおりに進んだ場合、14日昼過ぎに九州に上陸する可能性がある。

沖縄タイムスによると那覇市で13日午前8時14分、最大瞬間風速56.3mを観測した。台風の影響で、沖縄県内ではすでに9人がけがをした。また、渡名喜村で10人、金武町で4人、うるま市と那覇市で3人ずつが公共施設で自主避難をしている。本島とその周辺の小学校中学校高等学校など409校は13日、臨時休校した。沖縄電力によると13日正午現在、9万9,400世帯が停電している。交通網はマヒし、沖縄自動車道南風原道路や本島と周辺の島とを結ぶ橋は通行止めとなった。那覇空港など沖縄県内の各空港発着の空の便も午後から欠航が相次ぎ、約4万人に影響が出た。ゆいレールも運転を見合わせている。

気象庁によると、明日夕方までに降る雨の量は九州南部で800mm、九州北部で600mm、四国太平洋側と近畿南部で450mm、沖縄県と東海で250mm、四国瀬戸内側で200mmとなっている。河川の増水、低い土地の浸水、土砂災害の恐れがあり、すでに九州では梅雨前線による大雨で地盤が緩んでいるので、特に警戒が必要である。また海では大しけとなり、波の高さは6-9mに達する見込みである。

最近の台風等関連記事[編集]

Wikipedia
ウィキペディア台風04号 (2007年)に関する記事があります。

出典[編集]