台風19号、台湾を横断、台湾海峡へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第0519号「ロンワン」
台湾横断中の台風19号、2日午前8時30分。アメリカ海軍台風情報センターによる
10月2日午後6時40分に
気象庁が発表した
10月2日午後6時の実況
位置 台湾海峡
北緯24度20分
東経119度20分
中心気圧 980hPa
最大風速 30m/s
進行方向 西
速度 20km/h
暴風域 全域 80km
強風域 全域 310km
上陸 台湾、2日午前6時頃

【2005年10月2日】

気象庁によると、台風19号「ロンワン」は台湾を横断し、2日午後3時(日本時間、UTC+9)現在、台湾海峡にある。

台風は午前6時15分頃台湾花蓮県に上陸、11時頃台湾海峡に抜けた。

沖縄タイムスによると、石垣市で90世帯近くが停電した。また、石垣市で4人がけがをした。航空便の欠航は28便に及んだ。

人民日報によると、台湾北部の交通機関は、2日、ほとんどが停止した。NHKによると、37人がけがをし、76万世帯が停電した。また花蓮では、2日午前に、毎秒64.9mの最大瞬間風速を観測した。

今後、中国大陸に上陸すると見られ、中国新聞によると、中華人民共和国の福建気象台は、「重大気象災害預警応急預案」に基づき、「中国首次重大気象災害II級」を発令した。人民日報によると、台風が直撃すると見られる厦門市では、厳重な警戒をしており、航路も欠航している。

最近の台風等関連記事[編集]

出典[編集]