台風13号、発達しながら北東へ―沖縄周辺の海域に警報も

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第0613号「サンサン」
台風13号、11日午後2時30分。合同台風警報センター/米国海洋大気圏局による
9月11日午後9時45分に
気象庁が発表した
9月11日午後9時の実況
位置 フィリピンの東
北緯18度50分
東経133度10分
中心気圧 980hPa
最大風速 30m/s
進行方向 西北西
速度 ゆっくり
暴風域 半径70km
強風域 半径240km

【2006年9月11日】

気象庁によると、台風13号「サンサン」(Shanshan) は、11日午後9時 (UTC+9) 現在フィリピンの東の海上にあって、ゆっくりとした速さで西北西に進んでいる。中心の気圧は980hPa、最大風速は30m/sとなり、暴風域ができた。台風はこのまま発達を続け、13日にも沖縄の南へ達する見込み。

沖縄周辺の海域では、すでに風が強まってきている。気象庁は11日午後7時過ぎ、沖縄南方海上に海上台風警報、沖縄東方海上に海上暴風警報、東シナ海南部に海上強風警報をそれぞれ出し、警戒を強めている。

最近の台風等関連記事[編集]


出典[編集]